【北村一輝】演技力が凄すぎる!しかし「○○が苦手」との声も!?

シグナルに出演されている北村一輝さんはベテラン俳優さんですね。

他にはどんな作品に出演されているか気になりませんか。

今日はそんな北村さんの出演作や演技評価をご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

北村一輝の演技力がすごい!「どんな役でもできる」との声

映画「テルマエ・ロマエ」シリーズ 北村さんはローマ国の次期皇帝候補のケイオニウスを演じてます。

ローマ人まで演じられるのですね。

この作品は市村正親さん、阿部寛さん、宍戸開と実力派俳優の方が多いのですが、実は顔の濃い人が集められた作品です。

この作品でローマ人役の俳優さん達は何か特殊メイクをするのかと思っていたようですが、そのままの顔で演じてほしいと言われ、驚いたそうです。

現場ではお前の方が顔が濃い、俺の方がましだと言い合っていたのを上戸彩さんが横目で見て、みんな濃いよと思っていたそうです(笑)

コメディとはいえ、次期皇帝の威厳も見事に演じられました。

さすがの演技力です。  

 

北村一輝は「確かな演技力」の声!?

ドラマ「ATARU」では関西出身の北村さんは関西弁で話す刑事役でした。

元々は熱血刑事でしたが、上司が犯人逮捕直前に失踪した事件がきっかけで組織にたいして折り合いをつけるようになりました。

ヒロイン栗山さんのなだめ役になっています。

アタルの事を少しずつ理解するようになり、捜査から遠ざけるようになります。

コミカルなドラマで、本当は優しい刑事を演じています。

不自然にならない関西弁と力を抜いているように見えるけどかげでは刑事の顔をしている役をうまく演じています。

演技力があるからこそですね。  

 

北村一輝は、演技力が高く大人気!?

「夜王〜YAOH〜」では圧倒的な美貌とカリスマ性を兼ね備えるNo.1ホスト 上条聖也役を演じます。

主人公の松岡昌宏さん演じるホスト的場遼介とのNo.1対決は熱い闘いでした。

独特の雰囲気を醸し出して高貴さと野心を内から出す演技力はさすがです。

このドラマでハートを捕まれた女性ファンも多く男の色気を醸し出した役でした。

ドラマ「昼顔」では昼顔不倫をしてきた吉瀬美智子さんが本気で好きになった売れない画家やくでした。

吉瀬さんのご主人が編集長を務める雑誌の挿し絵を描いていることがきっかけで知り合います。

この時の北村さんの色気が半端ないとかなりの評判でした。

ぶっきらぼうで口が悪く、でも子供のようなところのある役で見ている人も引き込まれたのではないでしょうか。

色気のある役は北村さんは得意なようですね。

華やかな色気、貧しいけど武骨な色気と演じ分けられるのはさすがです。  

 

スポンサーリンク

 

北村一輝の演技力が高く「悪役似合うイケメン俳優1位」!?

北村さんは悪役の似合うイケメンランキングで見事にダントツで一位に輝いています。

殺人鬼の役等こなしているからこのイメージなんですね。

色気のある役もかなり魅力的なので、次回は悪役だけど男の色気が漂う役を見たいです。  

 

北村一輝、演技力高く、難しい役どころ「殺人鬼」も見事に演じきる!?

ドラマ「あなたの隣に誰かいる」では殺人鬼を演じています。

物語の主人公は松本欧太郎(ユースケ・サンタマリア)と梓(夏川結衣)夫妻。

北村さんは梓の昔の浮気相手にそっくりな隣人の男・澤村数馬を演じています。

梓を必要に追回しますが、その正体は何度殺しても死なない不死身の虫でこれまでに連続殺人を犯しているという難しい役でした。

この役を見事にやってのけて夢に出てきそうなくらい強いインパクトを与えました。

 

北村一輝、演技力だけでなく役作りもすごい!?

本名の北村康で活動していた頃、映画「鬼火」に出演されています。

主人公の殺し屋の国広に思いを寄せるゲイの坂田を演じています。

ゲイバーのママ役を演じるために来る日も来る日も新宿二丁目に通いました。

ゲイバーに入るお金がないので他のお客さんに頼んで一緒にいれてもらい、役作りをしたそうです。

ゲイの事を教えてほしいと頼むと実際にやってみないかと誘われたそうです。

監督に初めて会ったときに、ホットパンツを履いていったので本物のゲイの方が来たと監督は思ったそうです。

また、映画『JOKER疫病神』ではチンピラ役で出演することになりました。

この時11本もの歯を抜いたり削ったりしたようです。

そのあとは全て差し歯にしたそうです。

本人は髪の毛を切るようなものだと言っています。

役作りがかなり徹底していますね。

歯まで抜くとは見上げた役者魂です。  

 

北村一輝、演技力は評価されるも「声が苦手」の声も!?

確かにそう言った声もあります。

鼻にかかった高めの声が苦手という意見もありますが、それがかわいいという意見もあります。

プリキュアの映画では、悪役ですが、声優もこなしました。

声も個性なので好みがありますよね。

ありのままの北村さんでこれからもストイックに作品を作っていってほしいです。 

 

まとめ

悪役、ローマ人、殺人鬼、ゲイと本当に様々な役をこなされています。

本当に実力がないとここまでバラエティ豊かな役はできないと思います。

本当に演技派俳優さんなのだと思いました。

シグナルでは北村さんは熱血刑事を演じられています。

犯人を捕まえたい思いがすごく伝わってくる演技なのでぜひ見てください。  

 

スポンサーリンク

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください