【医師の見解!】松野莉奈の死因は致死性不整脈ではない??では、本当の死因は?診断書を書く「医師側」の立場から!

松野莉奈さんが先日の8日に18歳という若さでお亡くなりになりました。

 

 

あまりの突然の死にファンのみならず、世間の人達も驚きを隠しきれなかったのではないでしょうか。

 

 

そんな松野莉奈さんの死因は致死性不整脈と報道されていますが、どうやら死因は致死性不整脈ではない可能性が十分にあるとのことです。

 

 

では、本当の死因は何なのでしょうか。

 

 

死因について、医師のコメントなどを調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

松野莉奈さんのプロフィール

出典:モデルプレス

 

 

生年月日:1998年7月16日

 

 

没年月日:2017年2月8日(満18歳没)

 

 

出生地:東京都

 

 

身長:169.7cm(2016年6月現在)

 

 

血液型:A型

 

 

職業:歌手、•モデル、•女優、•タレント、•ジャンルアイドル活動など

 

 

活動期間:2006年 – 2017年

 

事務所:スターダストプロモーション

 

 

デビューが8歳の時と小学生のときに表参道でスカウトされ芸能界デビューをされました。

 

 

父親はシェフで、母親はパティシエとご両親は料理人とのことです。

 

 

アイドルグループ「私立恵比寿中学」として、ももいろクローバーZの妹分として2015年にデビューされました。

 

 

私立恵比寿中学(通称:エビ中)は、女性8人組のアイドルグループです。

 

 

私立恵比寿中学としてデビューされてから、活動わずか2年での突然の松野莉奈さんの急死にメンバーも何が起こったのかわからない状態になったのではないでしょうか。

 

 

本当にあまりにも突然な、とても悲しいニュースです。

 

 

致死性不整脈とは、どんな病気?

 

 

 

さて、事務所の発表によると、松野莉奈さんの死因は「致死性不整脈の疑い」とのことです。

 

 

致死性不整脈とはどんな病気なのでしょうか。

 

 

調べてみると、致死性不整脈とは「死に直結する」危険な不整脈をさすとのことです。

 

 

詳しい病名としては、心室頻拍、心室細動などに分けられるとのことです。

 

 

心臓の状態としては、心臓のポンプが「壊れ」、拍動が異常に速くなります。

 

 

その結果、心臓がけいれんに近い状態を起こし、血液が出なくなってしまいます。

 

 

そして、体内の血液の循環が停止します。

 

 

「数秒以内」に意識がなくなり、「命」を落とされる病気だそうです。

 

 

早急な治療が求められる一刻の猶予も与えられない心臓病とのことです。

 

 

とても怖い病気ですね。

 

 

松野莉奈さんを突如襲った病気は致死性不整脈との報道が出ていましたが、亡くなる前日の大阪コンサートを体調不良で欠席されました。

 

 

そして翌日の未明の午前5時頃に病状が急変し、亡くなられました。

 

 

わずか1日間での容体の急変と、突然の急死に、只々驚きを隠しきれないのが現状かと思います。

 

 

死因が致死性不整脈でない理由は?

さて、事務所の発表では、死因は「致死性不整脈の疑い」とのことでしたが、どうやら致死性不整脈ではない可能性が浮上してきました。

 

 

その理由は、〜若き外科医が見つめた『いのち』現場365日〜などの著者でもある消化器外科専門医の中山祐次郎先生が解説されていました。

 

 

こちらになります。

 

 

理由1 松野莉奈さんには持病がなかった

とても健康な18歳の女性を考えた場合に、心臓の持病もなかったことから、よっぽどのことがない限り、18歳で死亡するということはほぼないそうです。

 

 

極めて稀なケースであると考えられるとのことです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

理由2 死因はあくまで憶測であること

色々な死因に関する情報が流れていますが、亡くなった直後に死因を診断するのは、長年患っていた病気がある患者さんを除いては不可能とのことです。

 

 

死因を診断するのには、外来などや入院患者を中心に診る臨床医と、臨床医から依頼を受け、病気の一部を顕微鏡で確認し、病気を診断する病理医の双方で行われます。

 

 

死因をはっきりと特定するには、病理医からの診断も必要とのことです。

 

 

まだ出ていないとのことです。

 

 

長年、病理医をされているDrの話ですと、亡くなった「直後」にすぐ死因を「確定」することは難しいとのことです。

 

 

最終的には顕微鏡で組織を見たり、血液や気管のなかに菌などがいるかを培養検査で調べます。

 

 

服用されている薬の濃度を調べたりするなどし、亡くなるまでの経過と照らし合わせて死因を特定されるとのことです。

 

 

理由3 致死性不整脈は、ひとまずつける「死因」であることが多い

「死因は致死性不整脈の疑いでした」として、不整脈に詳しい医師に取材するなどして多数の報道がなされています。

 

 

しかし、これは正確ではないそうです。

 

 

というのは、「致死性不整脈」という病名は、はっきりと死因が特定できない時にひとまずつける死因であることが多いからです。

 

 

中山裕次郎医師によると、致死性不整脈の診断名は、解剖したけど明らかな原因がわからないときに暫定診断としてしばしば使う病名だそうです。

 

 

つまり、まだ「死因」が、今の段階では、よくわからないとのことです。

 

 

松野莉奈さんの本当の死因は?

では、松野莉奈さんの本当の死因は何なのでしょうか?

 

 

結論からいえることは、まだはっきりとした死因は明らかになっていません。

 

 

中山医師の話によると、一旦、死因は調べましたが、原因が明らかでない場合のひとまずつける死因の診断名として「致死性不整脈」という病名が使われるとのことです。

 

 

亡くなられた直後(2月8日)は、Twitterなどで、ウイルス性急性脳症やインフルエンザ脳症などの噂が流れていましたが、デマだということが、後でわかりました。

 

 

どうやら、Twitter民の「公式サイトにウイルス性急性脳症と書いてあった」と最初にツイートされたのが噂のきっかけになったそうです。

 

 

情報の拡散は、情報元が大事ですね。

 

 

現在、「致死性不整脈」が死因として挙げられていますが、それも「暫定的な診断名」とのことです。

 

 

これからはっきりとした松野莉奈さんの死因がわかるとのことです。

 

 

ただ言えることは、18歳というあまりにも若くして亡くなれた松野莉奈さんに只々ご冥福を心からお祈りいたします。

 

 

本当に、とても残念な出来事です。

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です