【フェローの進化】ドラマ『コードブルー3』第6話の感想と視聴率の第7話のあらすじは?

コードブルー3第6話が2017年8月21日に放送されました。

冷凍室に閉じ込められた灰谷俊平(成田凌)と横峯あかり(新木優子)の2人で時間がない中、作業員の命を救うことは果たしてできたのでしょうか。

2人のフェローが成長する上で大事な第6話になりました。

さて、どのような救出劇ができたのでしょうか。

臆病で、何をするにしても保守的で、弱気な灰谷俊平(成田凌)の成長していく姿に今回は注目です。

 

そんなドラマ『コードブルー3』第6話のみんなの感想と視聴率と第7話のあらすじについて紹介します。

 

もしよかったらご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

ドラマ『コードブルー3』第6話のあらすじは?

藍沢耕作(山下智久)新海広紀(安藤政信)により、天野奏(田鍋梨々花)の手術は無事に終わった。

しかし、白石恵(新垣結衣)が新海に手術のことを聞くと、どうも歯切れが悪い。

奏の両親は手術結果に納得しているらしいのだが…。

 

一方、17歳の男子高校生が脳死判定を受けることに。

それは橘啓輔(椎名桔平)の息子、優輔(歸山竜成)のもとに移植可能な心臓が来るかも知れない可能性を示唆していた。

循環器内科医の井上宣顕(滝藤賢一)の指摘に、橘は「期待」を抱いてはいけないと自分を制する。

 

その頃、冷凍倉庫内で荷崩れ事故が発生。

翔北救命センターにドクターヘリ出動要請が入り、藍沢と藤川一男(浅利陽介)雪村双葉(馬場ふみか)が向かう。

商品保護のため冷凍室の電源を切れないという寒さの中、藤川らは治療を開始。

患者を救命センターに搬送する藤川は、灰谷俊平(成田凌)横峯あかり(新木優子)と交代した。

 

灰谷たちは藍沢の指示の元、冷凍室内の負傷者のもとへ。

すると治療を初めて間もなく電源が落ちてしまった。

暗闇の冷凍室内に、灰谷と横峯は負傷した作業員と閉じ込められる。

落雷が原因の停電で復旧には2時間ほどかかる。

しかも、未だ落雷の可能性があるためドクターヘリも飛べない…。

そんな中、冷凍室の外で藍沢が診ていた作業員の容体が急変。

さらに冷凍室内の灰谷と横峯は、多量の出血をしているもう1人の作業員を発見。

「フェロー二人だけ」でこの事態に対処しなければならなくなる…。

出典:http://www.fujitv.co.jp/codeblue/story/index.html

 

ドラマ『コードブルー3』第6話の視聴率は?

さて、ドラマ『コードブルー3』第6話の視聴率は13.7%でした。

前回よりも0.1%ダウンです。

ほぼ同じくらいの視聴率だったといえるのではないでしょうか。

 

各ドラマの6話で比べても13%台の視聴率が出ているのは、『コードブルー3』のみです。

2番目に高い視聴率は、過保護のカホコで10.9%なので、いかに『コードブルー3』が今期のドラマの中で好視聴率をキープしていることがわかりますね。

 

ドラマを見るのも今や、TVでなくても見れるようになっています。

なので、昔と比べれば、視聴率はそんなに出ていなくても、録画視聴率や、動画配信の再生回数なども合わせると、かなりの視聴者がいるものと考えられます。

 

 

今回も、かなりハラハラ、ドキドキの6話でしたね。

 

また早く7話が見たいです。

 

ドラマ『コードブルー3』第6話のみんなの感想は?

名取颯馬(有岡大貴)の舌ペロがかわいい、藍沢耕作(山下智久)が安定してかっこいい!「この患者を救ったのは正真正銘お前だ」と言われた灰谷俊平(成田凌)の表情がよかった!フェローの成長した姿が見れて良かった!といろんなコメントが出ていました。

 

名取颯馬(有岡大貴)は相変わらず、患者への態度が冷たいところはまだまだありますが、少しずつ患者に寄り添っていく姿を見れたので良かったなと感じた人も多かったのではないでしょうか。

 

これからもフェローたちの成長に目が離せませんね。

 

スポンサーリンク

 

ドラマ『コードブルー3』第6話の私の感想

さて、ドラマ『コードブルー3』第6話の私の感想を紹介します。

かなりのネタバレになりますので、気になる人は読み飛ばしちゃってください。

 

脳死判定複雑な感情

17歳の少年の脳死判定を家族に説明することを家族に説明することの辛さを隠してドライに振る舞う緋山美帆子(戸田恵梨香)。

その姿を見て、もし私が緋山先生の立場だったとしたら複雑な心境になります。

脳死判定が何回か経験していたことだったとしてもやはり、残されてしまった遺族の気持ちを考えると、なかなかどう話せばいいのか…など考えてしましますね。

でも名取颯真(有岡大貴)はさらりと、「臓器が役に立って良かったじゃないですか。」というので、コイツ!人の気も知らずに~!!

と腹が立ちましたが、でもこんなタイプの人職場に一人はいますし、個性かなと思ったりもしました。

 

しかも今回は橘啓輔(椎名桔平)の息子の優輔君(歸山竜成)に一部の臓器移植がされる可能性がありました。

目の前の脳死の患者が、自分の息子の臓器提供者になってくれるかもしれない、それで息子が助かるかもしれないと思いたくなる気持ちもわかります。

でもそれに期待しては決していけないと橘啓輔(椎名桔平)の複雑な気持ちがよく描写されていましたね。

これは複雑な気持ちになるな~と思っちゃいましたね。

 

臓器摘出のシーンですが、ああやって、複数のドクターが腎臓チーム、肺チーム、などとそれぞれ担当の臓器を摘出されていました。

移植臓器を摘出した後、誰に移植されるとかそういった情報は、公開されず、○○県何歳女性、といった風にこれだけの情報しか医者もわからない仕組みになっていました。

臓器提供については、10年くらい前からスタートした意思表示のカードがありましたよね。

今回の脳死の少年を見て、それも思い出しました。

もしもわたしだったらとか万が一自分の家族だとしたらと考えるとすごく「複雑な」気持ちになります。

しかし、どこかで誰かが必要としていてそれで助けられる命があるならば、悪いことでないのかなとも思います。

わたしもオッケーするかな~…とか真剣に考えちゃいました。

 

患者さんの気持ちに寄り添う医者、さばさばして患者さんを患者さんとドライに割り切ることのできる医者などいろんな医師が登場します。

ドラマを見てて感じたのが医者という職業は、たしかに名取颯馬(有岡大貴)や藍沢耕作(山下智久)のようにドライな人の方が良かったりするのかもしれない。

患者さんの気持ちに寄り添っちゃうと人間としてはいいんだけどお医者さんという職業を考えるとメンタルが相当強くないとキツイお仕事なのかな~とも感じました。

 

どんな医師が自分にとっていいのか。

いろんなことを考えさせられますね。

 

ドクターヘリ出動!冷凍庫内の現場緊迫の空気が漂う…

工場についたあと負傷者が何名かいる中、いい具合に棚に挟まった太田(お笑いの人)が登場します。

藤川先生の「お名前は?」の質問に「太った田んぼと書いておおた」というシーンに思わず吹き出しまいました(笑)

おもしろいシーンです。

 

役柄がぴったりで(笑)コードブルーはアツい医療ドラマかつ感動したりするシーンが多い印象ですが、こんなユニークな場面もあるんだなと感じることもできるドラマでいいなと感じます。

 

そのあとに倉庫で、藍沢耕作(山下智久)らが手当中に停電が起きた緊迫したシーンになります。

灰谷俊平(成田陵)の驚き方を見て笑ったり、停電が復活したと思えば、また停電!

ん??ドキドキ!どうなるんだ~??

この先がどうなるか…と先の展開が読めないのがコードブルーのおもしろさなのかもしれません。

 

白石恵(新垣結衣)ドクターの救命センターからの冷静な指示を見て、頼もしく成長したなとふと感じられました。

新人の灰谷俊平(成田凌)と横峯あかり(新木優子)の二人で処置を行わないといけないシーンで、横峯がすごく頼りになるなと感じました。

いざとなったらやはり女性の方が強いのかな~と思ったり。

 

途中で「わたしやっぱりできません」と横峯が言った時に、ついつい、「ちょっと~!できませんじゃないわよ~!確かに新人ドクターで怖い気持ちはわかるけどあんたと灰谷しかいないんだよ!もっとしっかりし~!」とわたしからも喝を入れてみていました(笑)

 

灰谷俊平(成田凌)がオペしようとした際の作業員とのやりとりのシーンなんですが、灰谷が「ぼくもやらなくていいことなら黙ってみてました。でももう一度だけやらせてください!のシーンが、あつく感じられた応援シーンでしたね。

 

これもまたテレビ越しから「いいぞ~灰谷!がんばれ!ファイトオー!大丈夫!灰谷ならやれる!」

な~んて言っちゃったり(笑)

 

あと、先週の回で流産してショックで泣いていた冴島はるか(比嘉愛美)でしたが今回はベテランナースに!

藍沢耕介と、てきぱきと手際よく処置していましたね。

この姿を見て、良かった~!悲しみからちゃんと立ち直ることができて、ホントに良かった~、あなたのこと気になってたんだよと、まるで友達かのようにテレビに話しかけちゃいましたね(笑)。

 

最後に奏ちゃん出てきましたね!

手の震えが止まらない…麻痺ずっと残ってしまうのかな~?ととても心配になります。

リハビリで、どうにかこうにか奇跡が起きて治ったらいいのにな、と応援しています。

 

今後どのようになるのか気になります。

 

ドラマ『コードブルー3』第7話のあらすじは?

西条章(杉本哲太)の部長室を訪ねた藍沢耕作(山下智久)はトロント大へのレジデント候補の件を辞退すると伝えた。

天野奏(田鍋梨々花)の術後経過が原因かと尋ねる西条に、藍沢は特に理由はないと部長室を出て行く。

入れ替わりに来た新海広紀(安藤政信)は西条から藍沢の辞退を聞いて驚いた。

 

救命フロアに向かう途中、藍沢は白石恵(新垣結衣)と会う。

白石は奏の手術と救命の手術が重なったこと、藍沢が手術記録を書いていないことを心配していた。

だが、藍沢は白石には関係ないと言ってその場を去る。

 

緋山美帆子(戸田恵梨香)は緒方博嗣(丸山智己)のリハビリ中。

間もなくリハビリテーション科に移る緒方のためだが、患者とは思えない手厳しさ。

2人を夫婦みたいだと眺める名取颯馬(有岡大貴)は緒方のどこが良いのか?と、緋山をからかう。

 

CS室では藤川一男(浅利陽介)横峯あかり(新木優子)たちに医者を目指した理由を聞いていた。

灰谷俊平(成田凌)は幼い時にドクターヘリに助けてもらった経験からと答える。

 

そんな時、ドクターヘリ要請が入った。踏切事故で3人が負傷。

すぐさまドクターヘリは現場へと飛び立つのだが、不測の事態が発生してしまって…。

出典:http://www.fujitv.co.jp/codeblue/story/index.html

 

ドラマ『コードブルー3』第6話のまとめ

ドラマ『コードブルー3』第6話のみんなの感想と私の感想、視聴率の第7話のあらすじの紹介でした。

冷凍室に閉じ込められた灰谷俊平(成田凌)と横峯あかり(新木優子)は無事に、指導医の藍沢耕作(山下智久)や白石恵(新垣結衣)が傍にいなくても、今までやったことがない手術でも成功させることができたのは、素晴らし成功でしたね。

 

臆病者の灰谷俊平(成田凌)がとてもかっこよく見えたシーンでした。

フェローたちの成長がどんどん見れる『コードブルー3』。

見ているこっちが、応援もしたくなり、感動ももらえる素晴らしいドラマです。

 

また7話が早く見たいですね。

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です