【ヘリ墜落の原因は?】『コードブルー3』第7話のみんなの感想と視聴率と第8話のあらすじは?

ドラマ『コードブルー3』第7話が2017年8月28日に放送されました。

前回は、灰谷俊平(成田凌)と横峯あかり(新木優子)が冷凍室での救出劇で、新人フェローの成長が見れた感動シーンがあふれていましたね。

さて、今回はどんな救命活動が待ち構えているのでしょうか。

 

今日はドラマ『コードブルー3』第7話のみんなの感想と視聴率と第8話のあらすじについて紹介します。

 

もしよかったらご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

ドラマ『コードブルー3』第7話のあらすじは?

https://twitter.com/code_blue2017/status/902132047610691586

西条章(杉本哲太)の部長室を訪ねた藍沢耕作(山下智久)はトロント大へのレジデント候補の件を辞退すると伝えた。

天野奏(田鍋梨々花)の術後経過が原因かと尋ねる西条に、藍沢は特に理由はないと部長室を出て行く。

入れ替わりに来た新海広紀(安藤政信)は西条から藍沢の辞退を聞いて驚いた

 

救命フロアに向かう途中、藍沢は白石恵(新垣結衣)と会う。

白石は奏の手術と救命の手術が重なったこと、藍沢が手術記録を書いていないことを心配していた。

だが、藍沢は白石には「関係ない」と言ってその場を去る。

 

緋山美帆子(戸田恵梨香)は緒方博嗣(丸山智己)のリハビリ中。間もなくリハビリテーション科に移る緒方のためだが、患者とは思えない手厳しさ。

2人を夫婦みたいだと眺める名取颯馬(有岡大貴)は緒方のどこが良いのか?  と、緋山をからかう。

 

CS室では藤川一男(浅利陽介)横峯あかり(新木優子)たちに医者を目指した理由を聞いていた。

灰谷俊平(成田凌)は幼い時にドクターヘリに助けてもらった経験からと答える。

そんな時、ドクターヘリ要請が入った。踏切事故で3人が負傷。

すぐさまドクターヘリは現場へと飛び立つのだが、不測の事態が発生してしまって…。

出典:http://www.fujitv.co.jp/codeblue/story/index07.html

 

ドラマ『コードブルー3』第7話の視聴率は?

さて、気になるドラマ『コードブルー3』第7話の視聴率は13.4でした。

今期のドラマの中で、唯一13%以上をキープし続けています。

 

泣ける、おもしろい、感動と色んな感情になれるドラマ『コードブルー3』は視聴者の心を掴んでいます。

第7話では、ドクターヘリが墜落してしまって、予定していた救助が遅れてしまい、とんでもない事態が起こります。

 

新人フェローとして、人の命を助ける任務とどうしようもすることのできない状況に直面します。

目の前に人が死んでいくとしても、その人を放って助かる人を次々と救出しなければならない冷静な判断が求められます。

 

どんなシーンが新人フェローに待っているのでしょうか。

とても気になりますね。

 

ドラマ『コードブルー3』第7話のみんなの感想

コードブルー3を楽しみにしている人は多いですね。

白石恵(新垣結衣)、緋山 美帆子(戸田恵梨香)、冴島 はるか(比嘉愛未)、横峯あかり(新木優子)ら、みんな美人だ!名取颯馬(有岡大貴)の優しさが切ない!みんな怪我をしてって心配!

などいろんなコメントがありました。

 

今回の救命シーンでは、灰谷俊平(成田凌)に注目です!

 

スポンサーリンク

 

ドラマ『コードブルー3』第7話の私の感想

さて、ドラマ『コードブルー3』第7話の私の感想を紹介します。

かなりのネタバレになりますので、気になる人は読み飛ばしちゃってくだしさい。

 

踏切事故でドクターヘリ要請!患者の愛する命を助けられるか?

踏切事故でのドクターヘリ要請が入り現場へ向かうが、木に接触して着陸に失敗。

このとき隊員は大丈夫なのかな~?と気になりながら次の展開をハラハラしながら見てて、司令塔の橘啓輔(椎名桔平)が白石恵(新垣結衣)と現場から話をつないでるシーン、隊員はみんな無事で救助に当たっているとのこと。

 

ほっとするのもつかの間、現場での白石恵(新垣結衣)の患者の優先順位や判断力を見てて、すごい!

複数の患者を診て緊急時にこんなテキパキ判断することができるなんてすごすぎる!と感激!

 

骨盤骨折の20代女性が「先生!お願いわたる君を助けて!」と叫んでるシーンを見て自分も危険な状態なのに愛する人の命を気にしてしまう状況…。

見てて、痛々しい…これから結婚式を控えてるのにこんな災難が起こるなんて…。

灰谷俊平(成田凌)は必死になって治療にあたるが、処置中に死亡してしまった。

 

このシーンを見てて、もしも、わたしが、灰谷俊平(成田陵)の立場だったらと考えたら辛くてきつくて頭がボー然となりそうです。

他の患者も次々と助けていかなければならない…けど、気持ちの整理をする間もなく次の仕事にすぐ切り替えることができるかと考えたときに感情が入ってしまうため、そうすることがなかなかできないんだろうな…と思いました。

 

20代女性の気持ちにも答えられず申し訳ない気持ちと患者さんの未来を目の前で亡くしてしまった…。

気持ちに応えることができなかった…。すまなさ…。無念さ。なんだか胸がざわざわしていたたまれない気持ちになりみていました。

またこの20代女性も目の前で大好きな恋人が亡くなり自分だけ生きている…。

しかも数時間後には誓いを立てて二人一緒に生きていく…結婚式を控えてる矢先にまさか、こんな不幸なことが起こるなんて…女性の気持ちを考えた時に、どうすることもできず、しょうがないことではあるけど、深い傷を負うよね…。と感情が入り涙が出てきました。

 

調査委員会の話し合いの結果ドクターヘリが2週間停止とゆう処分のシーンを見て、なんでよ~、確かに事故は起こってしまったけど、停止にする必要はないじゃないか~!と感じます。

安全の為見直し期間が必要だからなのか、世間体からか、わからないけど灰谷俊平(成田凌)のいうとおり2週間助からない命がある方が問題と思うけどな~と、なんだかな~、としっくりこない感じでみていました。

灰谷俊平(成田凌)は人のための医者になりたいと思いが強い分すごく責任感が強い素敵な人だな~と見てて好感を持てましたね。

 

緋山美帆子(戸田恵梨香)と緒方博嗣(丸山智巳)が名取颯馬(有岡大貴)に夫婦みたいとからかわれたシーン。

緋山美帆子(戸田恵梨香)が女子だな~、かわうぃ~♪と思って見ていました。

わたしも、緋山美帆子(戸田恵梨香)は緒方博嗣(丸山智巳)に恋してると思うけどな~(笑)

緒方博嗣(丸山智巳)と緋山美帆子(戸田恵梨香)の今後の行方が気になりますね。

 

最後の最後で、20代女性に緋山美帆子(戸田恵梨香)がカルテを持って検死結果を伝えに言ったシーンですが、悲しみに暮れてる20代女性に取って「この検死結果を見てあなたを守ろうとして…」この言葉を聞いたときにまたまた泣けてきちゃって(涙)

絶望的な気持ちだったけどこの言葉を聞いたことにより少し救われる気がして大好きな彼を亡くしてしまい辛いけどこの先前向きにがんばって生きていこう…そう思ったんじゃないかな~と勝手に相手の気持ちを想像しました。

緋山美帆子(戸田恵梨香)のキャラ、見た目さばさばしてる感じがあるけど人に対して、希望を与えてくれるようなことを言ってくれる人だな~とすごく素敵な女性に感じました。

 

奏(田鍋梨々花)ちゃん今週も出てきましたね。「藍沢耕作(山下智久)に手術して欲しかった!」

奏ちゃんすごく藍沢耕作(山下智久)を信頼してるんだな~、好意をもってるんだな~と見てて思いました。

奏ちゃんの指回復したらいいのにと願うばかりです。

 

次回までの放送が気になる!どうなる?灰谷先生!

白石恵(新垣結衣)が業務連絡の為電話をかけると、取ったのが藍沢耕作(山下智久)で、淡々とした口調で「灰谷が運ばれた」の一言。藍沢耕作(山下智久)

灰谷俊平(成田凌)が運ばれてきた姿を見た時に、まさか…!?なんでよ~!!とすごくびっくりしました。

そんなときでも慌てることなく持ち前の冷静さで処置をこなせる藍沢耕作(山下智久)はすごいと思いました。

灰谷俊平(成田凌)はトラウマになっちゃったのかな…?

確かにあんなことがあればわたしでもトラウマになり毎日眠れないでふとした時に思い出してばっかで引きずっちゃうだろうな~。とか考えました。

今回は終わり方が予想もしなかったおわりかたでしたので、あんまりにもびっくりして、次回が気になって、気になって、という感じです。

来週はどんな展開になるんだろう。灰谷俊平(成田陵)は助かるのかな~?

第8話の展開が気になります。

 

ドラマ『コードブルー3』第8話のあらすじ

藍沢耕作(山下智久)は天野奏(田鍋梨々花)のリハビリの様子を離れて見ていたがおはじきを裏返すことさえなかなかできない奏に声もかけられない。

 

その日、灰谷俊平(成田凌)が駅のホームから転落し負傷して以来はじめて救命の職場に復帰した。

灰谷の事故は睡眠薬の効き過ぎでホームから落ちたという説明になっていたが、白石恵(新垣結衣)らは灰谷が自殺しようとしていたのではないかと疑っていた。そんな空気を灰谷に悟られまいと普段通りでいようとするのだが、白石や藤川一男(浅利陽介)もぎこちなくなってしまう。

 

そんな時、成田空港到着ロビーで男性が倒れたとドクターヘリ要請が入る。

緋山美帆子(戸田恵梨香)名取颯馬(有岡大貴)雪村双葉(馬場ふみか)が現場に向かうと、男性はショック状態でエコノミー症候群が疑われるとのこと。

名取がラインを取ろうと患者の腕に針を刺すとその刺激で患者が覚醒、突然暴れて腕を振り払った。

そのせいで、名取は一度患者の体に入った針を、緋山の「指」に刺してしまう。

初療室に運び込むとその患者、堀内豪(天田暦)は吐血。

 

エコノミー症候群ではなく何か別の要因があると考え橘啓輔(椎名桔平)は急遽スタッフたちにゴーグル、ガウン、マスクなどを着用するよう指示を出す。

感染症研究センターにも連絡し堀内の検体を採取して送ることに。緋山は処置を続けるが顔色を失っていく。名取も気にしないではいられない。

 

密かに緋山は藍沢に、名取のことには触れずに患者のラインを取る際あやまって針が指に刺さったと告げ、自身の血液サンプルも感染症研究センターに送って欲しいと依頼する。

そこへ堀内がICUで亡くなったと冴島はるか(比嘉愛未)が告げに来た。

堀内はジャーナリストで西アフリカ各国を回っており、自然保護団体の取材のため動物との接触もあったという…。

出典:http://www.fujitv.co.jp/codeblue/story/index08.html

 

ドラマ『コードブルー3』第7話のまとめ

ドラマ『コードブルー3』第7話のみんなの感想と私の感想、視聴率と第8話のあらすじの紹介でした。

灰谷俊平(成田凌)はなぜ駅のホームから転落したのでしょうか。

今回の事件の責任の重さを感じて自殺でも図ったのでしょうか。

救急で命を助けてもらったから、医師を目指した灰谷俊平(成田凌)。

臆病者だけど、責任感が人一倍強い灰谷俊平(成田凌)にとって、今回の事件の強い責任を感じていたことは間違いありません。

しかし、決して灰谷俊平(成田凌)だけが責任を被る必要もない結果でした。

どうして、灰谷俊平(成田凌)は駅のホームから転落してしまったのでしょうか。

 

来週も目が離せません!

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です