【ほぼ総まとめ】コーヒーのカフェインの主なすべて!メリット&デメリット!【市販の飲み物のカフェイン量と知られざる歴史】

さて、コーヒーに含まれているカフェインについて、今日はご紹介したいと思います。

 

 

コーヒーのカフェインで気になることをほぼすべて紹介していこうと思います。

 

 

コーヒーのカフェインの他の飲料の比較や、カフェインのメリット、デメリットなど調べてみました。

 

 

なぜコーヒーにカフェインが含まれるようになったのかなどの理由も調べてみました。

 

 

もしよかったらご覧ください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

どれくらいコーヒーにカフェリンが含まれているのか?

他の飲料のカフェイン量との比較」は、一番気になるところかと思います。

 

 

まずは、コーヒーのカフェインが他の飲料と比べてどれくらい含まれているかについてご紹介させていただきます。

 

 

では、どうぞ

 

 

各飲料のカフェイン含有量の一覧


 

 

ご覧のとおり、「玉露」が、コーヒーを抜いて、「1番カフェインが含まれている飲料」となります。

 

 

またコーヒーは、ご想像のとおり他の飲料と比較してもカフェインが多く含まれている飲料ですね。

 

 

コーヒー=カフェインというイメージは、この結果からもそのとおりといえそうですね。

 

 

それでは、コーヒーのカフェインの含有量が多いことはわかりましたが、それぞれ市販されているコーヒーのカフェインの量の比較はどうなのでしょうか。

 

 

各コーヒーブランドメーカーのカフェイン量の比較を調べてみました。

 

 

もしよろしければ、ご参考ください。

 

 

市販されているコーヒーのカフェイン量

 

 

がぶ飲みミルクコーヒーが最もカフェイン量が多いんですね。

 

 

調べてみると、各コーヒーでカフェインの「含有量がかなり違うことがわかりました。

 

 

同じ市販のコーヒーでも、1位がと17位の含有量は3倍もカフェイン量に違いがあるんですね。

 

 

かなり違いますね!

 

 

では、コーヒーのカフェインについてもう少し、くわしく調べたいとおもいます。

 

 

カフェリンといってもいろんな作用があることはご想像のとおりかと思います。

 

 

ただ、具体的にどんな作用があるのかどうか、はっきりとわからないのではないでしょうか。

 

 

今日は、その辺を調べてみました。

 

 

よろしければご参考ください。

 

 

では、どうぞ。

 

 

コーヒーのカフェインのメリットとデメリット

それではコーヒーのカフェインのメリットにはどのような作用があるのでしょうか。

 

 

まずは、一般的にメリットと呼ばれる作用や効能についてまとめてみました。

 

 

では、どうぞ

 

 

カフェインの主なメリット

 

 

 

1 覚醒作用がある

 

 

2 利尿作用がある

 

 

3 集中力アップさせる

 

 

4 偏頭痛の痛みを緩和させる

 

 

5 脂肪燃焼効果(脂肪の分解を促進するリパーゼと言う酵素を活性化する役割がある)

 

 

6 コーヒーブレイクやティータイムにカフェインを摂ると、日中の眠気を減らしてくれる。

 

 

7 心臓に刺激を与えて、機能をよくし、持久力がつく。

 

 

 筋肉収縮効果があり、筋肉疲労に良いとされる。

 

 

9 脳卒中の危険性を減らす効果がある。

 

 

10 1杯(150ml)で2時間程度血流を良くする効果がある。

 

 

と、かなり体にとっての良い作用があることがおわかりいただけたのではないでしょうか。

 

 

もう少し詳しく作用のことを紹介いたします。

 

 

とくにもっとも気になる覚醒作用頭痛緩和と、また筋肉疲労回復の点で適量のコーヒーを摂取した場合のメリットをまとめてみました。

 

 

では、どうぞ。

 

 

覚醒作用と頭痛、疲労回復に対するコーヒーの適量摂取のメリットとは?

それぞれのメリットと詳しい機序についてご紹介します。

 

 

1 覚醒作用について

眠気覚ましとして、カフェインは興奮剤の1種になります。

 

 

作用機序としては、脳内の中枢神経に働き、眠気を抑え、特に作業効率をアップさせるメリットがあります。

 

 

やはり、ここが一番、カフェリンの良いところですよね。

 

 

脳内の中枢神経にカフェリンが働きかけることで眠気を抑えて、作業効率アップさせることができるのは、仕事や勉強をする点では、大変ありがたいカフェインの効能です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

2 頭痛の緩和作用について

カフェインには一時的な血管収縮作用があります。

 

 

この作用を利用して、実際に頭痛薬を始め市販の鎮痛薬などにもカフェリンが用いられています。

 

 

頭痛緩和の作用など、カフェインは医薬品としても取り入れられている万能物質なんですね。

 

 

3 筋肉疲労の回復について

カフェインは血液の流れをよくし、「筋肉の疲労物質」の「乳酸」を体内に溜まりにくくする作用があります。

 

 

これにより疲労から回復しやすいと言われています.

 

 

疲れたときの疲労回復にもカフェリンはいいですね(^_^)

 

 

集中力はあがり、眠気を覚まし、頭痛にも効き、疲労も回復させるなんてカフェインってどれだけすごい物質なのでしょうか。

 

 

あらためてすごい作用をもった興奮物質ですね。

 

 

すごいですね!

 

 

カフェインの主なデメリットとは?

 

 

 成人の場合、1日300mg程度の摂取であれば、有害な影響はないとされています。

 

 

ただしカフェインを1日500mg以上とる場合、人によっては急性中毒症が生じる可能性があるといわれています。

 

 

具体的な中毒症状として、神経過敏」、「興奮」、「睡眠障害」、「顔面紅潮」、「嘔吐」などの胃腸症状などを起こすとされています。

 

 

また胃液の分泌が促進されることによって、「胃痛」を引き起こすことがある。

 

 

血圧を上昇させるので、高血圧な人は注意した方がよい。

 

 

このようなことから、適量なカフェインはメリットが多いですが「過度」のカフェイン摂取は体に悪影響を及ぼすことが多いので、控えた方がよいです。

 

 

利尿作用と体重増加、不眠といったコーヒーの過剰摂取によるデメリット

 それでは、カフェインの過剰摂取によるデメリットをご紹介いたします。

 

 

カフェインは体内で分解するのに比較的、時間がかかるとされています。

 

 

一日で分解できる量は500mgとなっています。

 

 

カフェインの利尿作用は、過剰摂取すると「脱水症状」を引き起こす。

 

 

逆にカフェインの摂取量が少量だと、脂肪燃焼効果があるとも言われています。

 

 

しかし、常に過剰摂取している場合は、逆に「太って」しまいます。

 

 

気を覚ましたり集中力を倍増させる利点もあるが、飲み過ぎると鼓動が速くなったり「不眠症」の原因にもなります。

 

 

このようにカフェインは適量摂取ではメリットだけですが、過剰摂取だと、脱水症状にはなるわ、太ってしまうは、不眠症になるはでデメリットが多くなりますね。

 

 

過剰摂取(1日500mg以上)はよくないといえますね。

 

 

気をつけたいところです。

 

 

そもそもカフェインとは?

 

 

そもそもカフェインと何のことをいうのでしょうか。

 

 

カフェインとはとアルカロイドという化合物の仲間になります。

 

 

※アルカロイドとは。「植物中」に存し、「窒素を含む塩基性化合物」の総称となります。

 

 

人に顕著な薬理作用をもつものが多いとされています。

 

 

そんなカフェリンですが、なぜコーヒーにカフェインが含まれるようになったのか知っていますか?

 

コーヒーのルーツともなるこの話題について少し紹介いたします。

 

 

なぜコーヒーに「カフェインが含まれる」ようになったのか?

 

 

 さて、ここで、なぜコーヒーにカフェインが含まれるようになったのかを紹介したいと思います。

 

 

コーヒーにカフェインが入っているのは、常識になっていますよね。

 

 

ここで、その当たりまえのことについて、あえてフォーカスを当てて、なぜコーヒーにカフェインが含まれるようになったのかをご紹介します。

 

 

意外なエピソードがありました。

 

 

まず、コーヒーにカフェインが含まれているのかについて、実はコーヒーのゲノム(全遺伝情報)の解析を進めてきた国際研究チームの研究が明らかにしました。

 

 

国際研究チームによる報告書を紹介います。

 

 

では、どうぞ。

 

 

コーヒーの元になるコーヒー豆はコーヒーノキから作られている

出典:http://www.thecoffeeshop.jp

 

 

コーヒーのもとになるコーヒー豆は、アフリカ大陸を原産とするコーヒーノキに実る果実から作られています。

 

 

また、カフェインはコーヒーノキのなかに含まれる酵素のはたらきによって生成されます。

 

 

その酵素とは、「メチルトランスフェラーゼ」と呼ばれる酵素になります。

 

 

メチルトランスフェラーゼという酵素は、あらゆる植物に含まれていて、多くの種類の「合成物を生成」するはたらきを持っている酵素です。

 

 

この酵素から生成される物質には、さまざまな効能が備わっています。

 

 

一方で、植物にとって「天敵となる存在を攻撃する毒性のようなもの」を持ち合わせました。

 

 

二面性を備えた酵素となります。

 

 

そして、カフェインの進化は、この「メチルトランスフェラーゼ」の遺伝子に変異が起こることで、カフェインの効能も変化したとされています。

 

 

その変化は、変異とコピーを繰り返すことで進化したとのことです。

 

 

カフェリンは、コーヒーノキの成長や生息を助けた!

コーヒーについて詳細なゲノム解析が行なわれたところ、コーヒーノキが持っている酵素は他の植物とは異なる先祖を持つ酵素群であることが明らかになりました。

 

 

たとえば、コーヒーノキの葉が枯れて地面に落ちると、その内部に含まれていたカフェインの成分が周囲の土壌に浸透します。

 

 

すると、溶け出したカフェインの成分は他の植物が落とした種子の発芽を抑制します。

 

 

結果的に、コーヒーノキ以外の「植物は生息できない環境」を作り出します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

コーヒーノキを食べる虫は、カフェインの過剰摂取によりいなくなった

また、コーヒーノキを「食べる」虫は、カフェインを大量に摂取することになり、毒性が発現し、コーヒーノキに生息できなくなりました。

 

 

すると自然と、コーヒーノキを食べない味覚を持つ虫のみが環境に適応し、コーヒーノキはますます独自に生息できるようになりました。

 

 

このように、天敵を攻撃し、カフェインの毒性を利用し、コーヒーノキが防御機能を備えていったということです。

 

 

コーヒーノキのさらなる進化。「蜜」を生成し、虫を利用してさらなる成長を遂げる。

コーヒーノキをはじめとするいくつかの植物は、分泌する蜜に少量のカフェインを混ぜることで、さらなる「生きる術」を手に入れたことも成功したと報告されています。

 

 

どういうことかというと、植物は、蜜を分泌することで虫をおびき寄せます。

 

 

おびき寄せた虫を植物の「花粉拡散の手助け」として利用しています。

 

 

この植物の蜜には、カフェインがわずかに含まれています。

 

 

蜜を吸った虫はある種の刺激を受けて、脳が、植物のニオイを覚えます。

 

 

すると次からは、虫が再びおびき寄せられ、せっせと花粉を運び、コーヒーノキの成長の拡大を手伝うことになるとのことです。

 

 

虫が、カフェインの作用で「脳」がコントロールされ、コーヒーノキの成長を手伝っているわけですね。

 

 

まとめると、コーヒーノキを食べる虫はカフェインを過剰に摂取することで追い出して、 コーヒーノキを成長させる虫には、カフェイン入りの蜜でおびきよせ、成長を手伝わせます。

 

 

つまり、コーヒーノキは「生き残るため」に、カフェインの「プラス」と「マイナス」の両面を進化させたということです。

 

 

このように、コーヒーノキはカフェインの進化とともに成長して、コーヒー豆に今のカフェインが含まれるようになったということですね。

 

 

まとめ

さて、まず最初にコーヒーのカフェインの含有量について紹介しました。

 

 

コーヒーは、飲料の中でも上位のカフェイン含有量のある飲み物でした。

 

 

一般的な飲料の中で、玉露の次に多いのが、コーヒーのエスプレッソやドリップコーヒーでした。

 

 

また市販のカフェイン入りのコーヒーの中で、もっとも含有量が多いのが、がぶ飲みミルクコーヒーでした。

 

 

またカフェインには、さまざまなメリット、デメリットがございました。

 

 

覚醒作用集中力アップ疲労回復といったメリットもあれば、『過剰摂取』による、不眠や、体重増加利尿など、デメリットがありました。

 

 

カフェインは、その効能の高さから医薬品にも応用されていましたね!

 

 

またコーヒーにカフェインが備わった理由は、生態系の話で考えると、コーヒー豆をつくるコーヒーノキが、外敵から身を守るために、身につけてきた進化の結果だということがわかりました。

 

 

自分を食べる虫は、過剰に食べさせることで、追い払いました。

 

 

花粉を運んでくれる虫には蜜を与えることで、少量のカフェインを与えて、おいしい木であることを認識させ、自分の成長に虫を利用しました。

 

 

このようにカフェインには、さまざま効能が備わっていることがわかりました。

 

 

過剰摂取は人間でも虫でも良くありません。

 

 

1日500mg以上のカフェインの摂取には注意です。

 

 

適量なカフェインを摂ることで、うまく自己成長や改善に利用していきたいですね。

 

 

カフェインを今後も上手に活用していきましょう!!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です