コーヒーを飲み過ぎて体調が悪い時は、いったいどうしたらいいの??吐き気、頭痛、眠れないといった症状が起きる理由と有効な対処方法とは?

コーヒーが好きな人は多いですよね。

 

 

もちろん、そんなこともないかもしれませんが、ついつい飲み過ぎてしまうこともあるにはありますね。

 

 

よくコーヒーを飲み過ぎると体に良くないだとか、眠れなくなるとか、頭痛になるとか、そんな話を聞いたことはありますでしょうか?

 

 

でも実際のところ、コーヒーを飲み過ぎてしまうと、体に本当に悪いのかどうか知りたくないですか。

 

 

普段、コーヒーを飲む人にとってもお役に立てるかと思いますので、コーヒーを飲み過ぎるといったい体はどうなるのか、自分なりに調べてみました。

 

 

もしよろしければご覧ください。

 

 

では、どうぞ。

 

 

コーヒーを飲み過ぎると「なぜ吐きたくなるのか」?

 

 

 

なぜコーヒーを飲み過ぎると吐きたくなるのでしょうか。

 

 

それにはコーヒーの成分が関連していることが明らかとなっています。

 

 

その理由についてこれより述べていきます。

 

 

では、どうぞ。

 

 

コーヒーを飲んで吐きたくなる原因は?

コーヒーの飲むと吐く理由ですが、それはコーヒーに含まれている「カフェイン」が脂肪を分解するリパーゼを活性化させる作用が関係しているといわれています。

 

 

この「カフェイン」という成分は、胃液を分泌させます。

 

 

そして、「飲み過ぎる」ことで胃液がどんどん溢れ出てきます!

 

 

すると吐き気を起こす流れにつながります。

 

 

またコーヒーを飲み過ぎると、吐き気だけでなく、気分も悪くなることもあります。

 

 

コーヒーを「過剰摂取」しなければ、コーヒー本来の良い作用として、食べ過ぎた時の「消化を助ける」といわれています。

 

 

しかしコーヒーを飲み過ぎると「興奮作用」が強く現れます。

 

 

そうすることで自律神経が乱れ、吐き気・頭痛・立ちくらみ・めまい・気分の悪さ・腹痛などが出てくるのです。

 

 

また精神的な不安も現れるともいわれています。

 

 

飲み過ぎるとコーヒー本来の良さが消え、体に悪影響を及ぼすことがわかりますね(^^)

 

 

飲み過ぎても、吐かないための対処法は?

 ここできっちりと知っておきたいことは、もし吐きたくなったときの対処法ですね。

 

 

いろいろ調べてみましたのでもしよろしければご参考ください。

 

 

生姜湯を飲む

 

コーヒーを飲み過ぎた時には生姜湯が良いといわれています。

 

 

生姜湯は、胃の働きをよくするという効き目があり、消化不良を助ける働きがあります。

 

 

飲み方としては、生姜を小さじ1杯分を擦り下ろして、そこにお湯100㏄を入れて飲むと良いとされています。

 

 

ぜひお試しください。

 

 

食事を摂取しない

 

 

吐き気があるときは、なるべく食事を控える事が大切です。

 

 

コーヒーの飲み過ぎで胃が荒れているためそれ以上食べ物で荒らすのは良くないとされています。

 

 

胃の調子が悪いときは、食事を摂らないことも胃の調子を整えて、吐き気を抑える方法となります。

 

 

お腹が空いた時はお粥などを食べるのが有効とされています。

 

 

深呼吸をする

 

 

深呼吸は、胃のリズムを改善し効果的だといわれています。

 

 

ゆっくりと呼吸をすることで、胃だけでなく、気持ちも落ち着かせることができるでしょう。

 

 

水を大量に飲む

 

 

コーヒーを飲み過ぎてしまうとカフェインを大量に摂取している状態になります。

 

 

そのため、水を「大量に飲む」ことでカフェインを薄めて、症状が和らげるともいわれています。

 

 

ただし、冷水は逆に胃を刺激するので、逆効果になります。

 

 

温かい飲み物をお飲みください。

 

 

以上、吐き気がした時に効果的な対処方法となります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

なぜ頭痛が起きるのか?

 

 

続きまして、コーヒーを飲みすぎると、頭痛が起きるともいいますが、なぜ頭痛が起きるのでしょうか。

 

 

また逆に、コーヒーを飲むと頭痛が治るともいいます。

 

 

まったく逆のそれぞれの症状です。

 

 

なぜこのようなことが起きるのでしょうか。

 

 

調べてみました。

 

 

では、どうぞ。

 

 

頭痛が起きる原因は?

コーヒーを飲み過ぎると頭痛が起きるのはなぜでしょうか。

 

原因はコーヒーに含まれているカフェインの作用によるものと考えられています。

 

 

知っている人も多いかもしれませんが、カフェインには血管を収縮させる作用があります。

 

 

筋肉の緊張が原因でなる緊張型頭痛の場合、コーヒーを飲みすぎることによって、血流が悪化して、頭痛が悪化することが指摘されています。

 

 

血管が収縮するので、血管が狭くなり、頭痛が起こるといった流れですね。

 

 

血管を締め付けるので痛みがどんどん増していきます。

 

 

緊張型頭痛の人の場合は、頭痛の発作が起きているときはコーヒーがたとえ少量であっても、摂取を控えた方がいいかもしれません。

 

 

頭痛を治す作用もあるの?

コーヒーって頭痛も治す作用もあるんですね。

 

 

意外に思われるかもしれませんが事実です。

 

 

ではどのような頭痛にコーヒーは良いとされるのでしょうか。

 

 

偏頭痛にコーヒーは良い

実は偏頭痛にコーヒーは良いとされています。

 

 

その理由は、脳の血管の膨張(膨らむこと)が原因でなる偏頭痛の場合、コーヒーを飲むことで血管が収縮し、痛みが和らぐことがあるといわれているからです

 

 

しかし、偏頭痛であればだれにでも良いわけではありません。

 

 

なぜなら、コーヒーのカフェインそのものが偏頭痛の引き金となる人も、10%程度いるといわれているためです。

 

 

まとめると、頭痛の時にコーヒーを飲んだほうがよいかは、頭痛の種類によって異なります。

 

 

ぜひ、ご自身に頭痛をお持ちでしたら、頭痛の種類を把握し、コーヒーの摂取量にご注意頂きたいと思います。

 

 

コーヒーが頭痛の改善にプラスに作用するか、マイナスに作用するかは人によって違います。

 

 

他人からコーヒーが頭痛の改善によいと勧められても、あなた自身がコーヒーを飲んだ時に頭痛を悪化させてしまうようでしたら、コーヒーを飲むことはお控えくださいね。

 

 

頭痛が起きた時の対処法は?

では頭痛が起きたときの対処法についてご紹介させていただきます。

 

 

コーヒーを飲み過ぎて頭痛がくるタイミングは?

個人差があるので、正確にお伝えすることが難しいのですが、コーヒーを飲んで頭痛がくるタイミングはいつなのでしょうか。

 

 

1つの目安としては、コーヒーを飲んでからの血中濃度の推移が目安になります

 

 

コーヒーを飲んでから、カフェインの血中濃度が最大になる時間は、条件にもよりますが、おおまかに30分~60分程度で到達します

 

 

つまり30分~60分後が最もコーヒーのカフェインの成分が体内で高まっている状態になります。

 

 

またカフェインの体内での濃度が半分以下になる半減期は4~6時間とされています

 

 

コーヒーの飲み過ぎということで、3~4杯以上飲んだとして、1~2時間置きに飲んだとしても、1日のかなりの時間にカフェインが体内に残っている状態が続いています。

 

 

したがって具体的な時間やタイミングを出すことは難しいのですが、飲み過ぎたらいつ頭痛がきてもおかしくないと思った方がいいかもしれません。

 

 

頭痛がきたときの対処法について

では、実際に頭痛がきてしまったときはどうのようにすればよいのでしょうか。

 

 

飲み過ぎたときにくる頭痛は、カフェインを過剰摂取したで、血管が収縮し、血管が縮みをその縮んだ血管が元に戻ろうとする拡張するタイミングにより起こるとされています。

 

 

意外ですよね。

 

 

調べる前までは、収縮し過ぎて頭が痛くなるのかと思っていました。

 

 

収縮するタイミングで、血管を元に戻そうと拡張するタイミングで頭痛が起こるんですね。

 

 

この場合の対処法としましては、拡張した血管を冷やす必要があります。

 

 

つまりは、氷枕などで頭をしばらく冷やすことがすすめられています。

 

 

またその他には、

 

 

頸部(首すじ)や肩をマッサージしたり、簡単な体操やストレッチなどで体全体をほぐすことも有効とされています。

 

 

また頭や首・肩の筋肉に圧迫するような痛みがある場合は、お薬として鎮痛薬や筋弛緩薬を服用するといった方法があります。

 

 

用途や状況に合わせて対処されるのが良いと思われます。

 

 

もしお薬を服用されるときは、薬剤師や医師にまずご相談されるのが一番良いかと思います。

 

 

自己判断で服用しても、うまくいかない可能性もありますので。

 

 

スポンサーリンク

 

 

なぜ眠れなくなるのか?

 

 

コーヒーを飲むとなぜ眠れなくなるのでしょうか。

 

 

コーヒーにはカフェインが入っていて「興奮作用」があり、「脳が活性化している」ため眠れなくなるわけですよね。

 

 

では、コーヒーを飲み過ぎて眠れないときはどうしたらよいのでしょうか。

 

 

飲み過ぎで眠れない時の対処法

さて、飲み過ぎて眠れない時の対処法はどのようすればよいのでしょうか。

 

 

次の日に朝から予定があって眠れないとなると、気持ちが焦りますよね。

 

 

ますます寝られなくなるかもしれません。

 

 

そんなときの対処法としておすすめなのが、

 

 

まず体や脳を働かせる活動をすることです。

 

 

結局は、体を動かして、疲れさせるのが最も効果が高いと思われます。

 

 

脳が活性化してしまったら、その脳を疲れさせるか休ませる方法が有効とされています。。

 

 

その上でもっとも手っ取り早いのは、何か仕事にせよ、趣味にせよ、読書をするにせよ、脳を使うことや、リラックスさせることがおすすめです。

 

 

ただし、いくら脳を疲れさせるといってもゲームなどはおすすめしません。

 

 

ゲームは脳を活性化させる可能性が高いです。

 

 

また興奮状態が起きる可能性があるので、その辺も意識して脳を疲れさせるように取り組んでみてください。

 

 

また爪をもむのも有効とされています。

 

 

爪には神経がたくさん通っています。

 

 

そのため、爪の、特にゆびとの際の部分を揉むのが効果的だといわれています。

 

 

爪をもむことでリラックス効果があると言われています。

 

 

活性化した脳を休ませるためにも、爪をもむのも有効な手段であることを覚えておいてください。

 

 

続きまして、白湯を飲むのもよいとされています。

 

 

つまりは、お湯ですね。

 

 

これを飲めば身体が温まり眠りやすくなります。

 

 

夜中にお腹が空いているときなどは白湯の代わりにインスタントのお味噌汁やコンソメスープ、コーンポタージュスープなども良いかもしれません。

 

 

身体を温めて、そして寝るときに徐々に冷やしていきながら脳を休ませていきましょう。

 

 

これにより気持ちが落ち着いて眠れるようになるかとおもいます。

 

 

このほかにはストレッチやテレビ、パソコン、スマホを消す。

 

 

部屋を真っ暗にするなど日頃がからできそうなところを取りいれていくのもよいでしょう。

 

 

まとめ

コーヒーを飲み過ぎると、あまりいいことがないことはおわかりいただけたのではないでしょうか。

 

 

まず共通していえることはコーヒーのカフェインの成分が、吐き気にせよ、頭痛にせよ、眠れないにせよ関わっているということです。

 

 

吐き気がするときは、生姜湯を飲んだり、深呼吸をしながら、できれば水などを飲んでください。

 

 

気持ちを落ち着かせるながら、温かい飲み物やお水を飲むことで症状が和らぎます。

 

 

頭痛の場合も、頭痛の種類にもよりますが、氷枕を使ったり、体操ストレッチをするのも有効です。

 

 

また爪を揉んだり首筋や肩をマッサージしたり、鎮痛剤筋弛緩薬などのお薬を飲んだりすることも有効とされています。

 

 

リラックスされることが大事になります。

 

 

コーヒーを飲み過ぎて眠れないときは、脳が活性化しているので、体を動かすことや、ストレッチを行うこと、白湯を飲むなどの方法があります。

 

 

また部屋や暗くし、スマホもPCTVもすべて消してリラックスした空間をつくることですね。

 

 

とまあ、コーヒーを飲み過ぎて、困ってしまうことは、実際に少なくない頻度で起こりえます。

 

 

今回、ご紹介した対処方法などがご参考になれば幸いです。

 

 

コーヒーを飲み過ぎた場合は、ぜひ、体を休めていただくことを中心に、対処をしてみてください。

 

 

これからも良いコーヒーライフを味わってくださいね!!!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です