ドラマ『セシルのもくろみ』第8話のみんなの感想と視聴率と最終回のあらすじについて

ドラマ『セシルのもくろみ』第8話が2017年8月31日に放送されました。

ヴァニティはこれからどうなるのでしょうか。

舞子(長谷川京子)がきてからヴァニティが大きく変わろうとしています。

これまでの路線と全く違う編集構成にとまどう奈央(真木ようこ)と江里(伊藤歩)。

いったいどうなるのか。

今日はドラマ『セシルのもくろみ』第8話のみんなの感想と視聴率、最終回のあらすじについて紹介します。

 

もしよかったらご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

ドラマ『セシルのもくろみ』第8話のあらすじは?

奈央(真木よう子)は、舞子(長谷川京子)のお披露目を兼ねたトークショーでモデルを辞めようと思った理由を問われ、「モデルなんかより大事なものがあると気づいた」と発言し、集まったファンたちをざわつかせる。

失言に気づいた奈央は、舞子の巧みな話術によって助けられ、何とかその場を乗り切った。

だがその直後、レイナ(芦名星)がいきなり妊娠と『ヴァニティ』の卒業を発表し…。

晴海書房に戻った奈央は、江里(伊藤歩)とともにトークショーの反省会をする。

その席で江里は、編集長の南城(リリー・フランキー)が異動になり、由華子(吉瀬美智子)がカバーモデルを務める予定だった新雑誌創刊の話も白紙になったことを奈央に打ち明ける。

一方、『ヴァニティ』編集部では、新編集長の平林(石田佳央)がこれまでの共感路線を捨ててよりハイクラスな方向へと転換する編集方針を打ち出し、洵子(板谷由夏)たち編集部員を困惑させる。

そこには、舞子の意向が大きく反映されているらしい。

 

ある日、奈央は、古書店の店先にいたおしゃれな老婦人を見かけ、心をひかれる。

トモ(徳井義実)によれば、その女性はハナちゃん(大方斐紗子)と呼ばれている、ちょっとした有名人なのだという。 そんな折、奈央と江里は、南城からの呼び出しでとある高級中華料理店を訪れる。

するとそこに、由華子や舞子、洵子もやってきて…。

http://www.fujitv.co.jp/Cecile/story/story08.html

 

ドラマ『セシルのもくろみ』第8話の視聴率は?

さて、気になるドラマ『セシルのもくろみ』第8話の視聴率は5.3でした!

放送開始後、過去最高の5.3%です。

前回よりも0.9%もアップ!

 

最終回前に向けて、ここにきてグッと視聴率が伸びたドラマ『セシルのもくろみ』です。

一時は視聴率が今期のドラマの中で最低記録を出してしまいましたが、ついに5%台まで取り戻しました。

 

奈央(真木ようこ)もモデルとしての魅力が全面的に出てくるなど、ガサツなイメージから、キレイなモデルになっているシーンも沢山出てきて、見ていてそのギャップに驚きとドキドキ感があります。

最終回直前の視聴率アップは嬉しいですね。

さて、第8話はどんな話だったのでしょうか。

 

これよりドラマ『セシルのもくろみ』第8話をみたみんなの感想をそれぞれ紹介します。

 

ドラマ『セシルのもくろみ』第8話のみんなの感想は?

 

 

洵子(板谷由夏)や舞子(長谷川京子)、由華子(吉瀬美智子)がかっこいい!

南城(リリー・フランキー)編集長が切れると怖い!

中華料理店で5人が揃ったシーンが史上最高に美しい映像!

来週で最終回なのはさびしい。

セシルのもくろみの一番おもしろいドラマ

などいろんなコメントが出ていました。

たしかに洵子(板谷由夏)も由華子(吉瀬美智子)もかっこいいですよね。

あの温和な南城(リリー・フランキー)も切れたシーンはかなり怖かったですね!

 

スポンサーリンク

 

ドラマ『セシルのもくろみ』第8話の私の感想

それでは、ドラマ『セシルのもくろみ』第8話の私の感想を紹介します。

かなりのネタバレになりますので、気になる人は読み飛ばしちゃってください!

『VANITY』の路線変更

新カバーモデルの安永舞子(長谷川京子)が『VANITY』にやってきてから誌面のコンセプトの路線変更がされようとしていました。

手の届きそうな存在ではなく憧れられる存在としてモデルはあるべきというものです。

その変更に対し、黒沢デスク(板谷由夏)はじめ編集部のメンバーは納得していません。

奈央(真木よう子)は沖田さん(伊藤歩)やトモさん(徳井義実)たちと協力し、以前とおりの企画の撮影をひそかに行います。

沖田さん(伊藤歩)が黒沢デスク(板谷由夏)に、そして黒沢デスク(板谷由夏)が社長に直談判し、その企画が通ることとなります。

新しく就任した編集長が鼻持ちならない人物に思えていたので、無事に企画が通ったときはとてもスカッとしました。

 

妻として、母として、女として輝く

前編集長の南城さん(リリー・フランキー)のはからいで黒沢デスク(板谷由夏)、ハマユカ(吉瀬美智子)、安永舞子(長谷川京子)、奈央(真木よう子)、沖田さん(伊藤歩)の5人が会食に集められます。

最初にこのメンバーが顔を合わせた瞬間は、仲良く食事ができる気がまったくしませんでした。

予想通り食事が始まって間もなく、互いが互いをチクチクと攻撃し合うような会話が繰り広げられ、胃が痛くなりそうでした。

しかし、ふとしたきっかけでお互い同じ女性でありながら、置かれている境遇は全員バラバラなことに気付きます。

そして、みんなが周囲の言葉に小さく傷付きながら頑張っていることにも気付きます。

このシーンはそれぞれが発するセリフにとても共感でき、ついうなづいてしまいました。

まだ結婚しないの?こどもは?二人目は?など聞かれている人はとても多いかもしれません。

結婚もこどもも義務ではないし、個々の選択の自由があります。

なぜかこれらの質問をしてくるのはまったく関係ない他人だったりします。

黒沢デスク(板谷由夏)の「自分の中で納得していても、言われて受け流せるかは別問題」というセリフが的確でとても印象に残りました。

 

『VANITY』の方針のゆくえ

『VANITY』の大幅な路線変更に伴い、編集部がギスギスした雰囲気になっていました。

安永舞子(長谷川京子)や新編集長が目指すものもプロとして真剣に取り組んでいるので単純に対立することではかいので難しいなと感じました。

そんな時に黒沢デスク(板谷由夏)が会社を辞めるとは思わなかったので驚きました。

さらに、ハマユカ(吉瀬美智子)が新しく創刊する雑誌のカバーモデルに奈央(真木よう子)をスカウトしたことも予想を超える展開でした。

来週以降、奈央(真木よう子)がどのように判断するか気になります。

安永舞子(長谷川京子)もプロ意識が高くて懸命に取り組んでいることが伝わってきたので、それぞれの人が幸せになれる結論が出たらいいなと思います。

ドラマ『セシルのもくろみ』最終回のあらすじは?

奈央(真木よう子)は、由華子(吉瀬美智子)から、新しく立ち上げる雑誌のカバーモデルになってほしい、と誘われる。

ある大手IT系企業が『ジョワイユ』という女性誌を創刊するのだという。

由華子に連れられて『ジョワイユ』の創刊準備室を訪れた奈央は、編集長を紹介される。

それは、晴海書房を辞めたばかりの洵子(板谷由夏)だった。

しかも、由華子はモデルをやめて、洵子の下で新人編集者として働くのだという。

 

一方、山上(金子ノブアキ)トモ(徳井義実)は、『ヴァニティ』元編集長の南城(リリー・フランキー)も晴海書房を辞めてしまったことを知る。

『ヴァニティ』編集部内では、南城が洵子や由華子と合流するのではないか、と危機感を募らせる。

事実、舞子(長谷川京子)がカバーモデルとなった8月号は過去最高の売り上げだったにもかかわらず、続く9月号はリニューアル前より販売部数を落としていたのだ。

 

由華子たちからの誘いを受けるべきか悩んでいた奈央は、江里(伊藤歩)に相談を持ちかける。

だが、実は江里も、あるところから誘われており、悩んでいた。

奈央と江里は、お互いに自分自身で悔いのない答えを出そう、と決めて…。

出典:http://www.fujitv.co.jp/Cecile/story/index.html

 

ドラマ『セシルのもくろみ』第8話のまとめ

ドラマ『セシルのもくろみ』第8話のみんなと私の感想や視聴率と最終回のあらすじの紹介でした。

来週がいよいよ最終回。

ヴァニティはどうなるのか?

奈央(真木ようこ)と由華子(吉瀬美智子)が新たな雑誌を立ち上げる!?

最後はどんな『セシル(女)』のもくろみが出てくるのか!

どんな終わり方をするのか、とても気になりますね。

最終回が楽しみです!

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です