【名取先生に感動!】2017ドラマ『コードブルー3』第8話のみんなの感想と視聴率と9話のあらすじは?

ドラマ『コードブルー3』第8話が2017年9月4日に放送されました。

緋山 美帆子(戸田恵梨香)がエボラ出血熱に!?

致死率80%を超える脅威の感染症にかかってしまった!

無事に助かるのでしょうか。

 

今日は、ドラマ『コードブルー3』第8話のみんなの感想と視聴率と9話のあらすじを紹介します。

いよいよ終盤戦。

どんな展開になるのか。

楽しみです。

 

もしよかったらご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

ドラマ『コードブルー3』第8話のあらすじは?

藍沢耕作(山下智久)は天野奏(田鍋梨々花)のリハビリの様子を離れて見ていたがおはじきを裏返すことさえなかなかできない奏に声もかけられない。

その日、灰谷俊平(成田凌)が駅のホームから転落し負傷して以来はじめて救命の職場に復帰した。

灰谷の事故は睡眠薬の効き過ぎでホームから落ちたという説明になっていたが、白石恵(新垣結衣)らは灰谷が自殺しようとしていたのではないかと疑っていた。

そんな空気を灰谷に悟られまいと普段通りでいようとするのだが、白石や藤川一男(浅利陽介)もぎこちなくなってしまう。

 

そんな時、成田空港到着ロビーで男性が倒れたとドクターヘリ要請が入る。

緋山美帆子(戸田恵梨香)名取颯馬(有岡大貴)雪村双葉(馬場ふみか)が現場に向かうと、男性はショック状態でエコノミー症候群が疑われるとのこと。

名取がラインを取ろうと患者の腕に針を刺すとその刺激で患者が覚醒、突然暴れて腕を振り払った。

そのせいで、名取は一度患者の体に入った針を緋山の「指」に刺してしまう

初療室に運び込むとその患者、堀内豪(天田暦)は吐血。

エコノミー症候群ではなく何か別の要因があると考え橘啓輔(椎名桔平)は急遽スタッフたちにゴーグル、ガウン、マスクなどを着用するよう指示を出す。

感染症研究センターにも連絡し堀内の検体を採取して送ることに。

緋山は処置を続けるが顔色を失っていく。

名取も気にしないではいられない。

 

密かに緋山は藍沢に、名取のことには触れずに患者のラインを取る際あやまって針が指に刺さったと告げ、自身の血液サンプルも感染症研究センターに送って欲しいと依頼する。

そこへ堀内がICUで亡くなったと冴島はるか(比嘉愛未)が告げに来た。

堀内はジャーナリストで西アフリカ各国を回っており、自然保護団体の取材のため動物との接触もあったという…。

出典:http://www.fujitv.co.jp/codeblue/story/index08.html

 

ドラマ『コードブルー3』第8話の視聴率は?

さて、気になるドラマ「コードブルー3」第8話の視聴率は15.4%でした。

久々の15%の大台に返り咲きです。

 

安定して今期視聴率ではNo1のコードブルー3です。

泣ける、笑えるポイントが満載の名ドラマですよね。

灰谷俊平(成田凌)や名取颯馬(有岡大貴)、横峯あかり(新木優子)の若手フェローもいい味が出ていて、新旧メンバーのコラボがまたドラマをおもしろくしているなと感じます。

 

来週も早く見たいですね。

 

ドラマ『コードブルー3』第8話のみんなの感想

 

灰谷俊平(成田凌)がいきなりの復活シーンからスタートなの!名取颯馬(有岡大貴)の演技が良かった!あんな泣き方できない。本当に演技が上手い人じゃないとできない!感動した!緋山 美帆子(戸田恵梨香)は優しい!などコメントが出ていますね。

 

灰谷俊平(成田凌)のホーム転落による緊急搬送で前回が終わったので、手術シーンから始まると思いきやいきなりの復活シーンに「えっ!」手術終わったのと思ってしまった人もいたようですね。

私もそう思いました。

 

また、今回の第8話で注目されたのは、名取颯馬(有岡大貴)だったのは間違いないですね。

名取颯馬(有岡大貴)のミスで緋山 美帆子(戸田恵梨香)はエボラ出血熱に感染したかもしれない状態になりました。

自分のミスで尊敬する指導医である緋山 美帆子(戸田恵梨香)の命を奪うかもしれないと考えるだけで、胸が苦しくなっていたに違いありません。

 

そんな名取颯馬(有岡大貴)の迫真の演技がとても印象的でしたね。

 

スポンサーリンク

 

ドラマ『コードブルー3』第8話の私の感想

さて、ドラマ『コードブルー3』第8話の私の感想を紹介します。

かなりのネタバレになりますので、気になる人は読み飛ばしちゃってください。

感染症か!?緋山先生の命は…?

先週、終わり掛けに救命救急に運ばれた灰谷俊平(成田凌) が今回どんな展開になるのか気になっていましたが元気に復活。

駅のプラットホームから落ちたというが、真相は…。

自殺だとわたしは先週思いこんでいましたが、元気になったようで良かったです。

 

みんなの前で、余計な気を使わせないようにと気遣っていた様子が見えました。

 

終わり方がハラハラしてた分、よかった~!灰谷!あなたすごいいいモノ持ってるから前向きにがんばって~!とテレビ越しから応援するわたしでした。

今後の灰谷の活躍も楽しみなところです。

 

今回のドクターヘリの現場は成田空港。

エコノミー症候群で倒れたということですがいきなり救命救急の処置室で吐血。

なんか別の原因がありそう。この男は間もなく死亡した。

 

何か感染症の疑いなのか?

すごくこのシーンひやっとしました。

こわい。

見てて不安が募るシーンでした。

 

緋山美帆子(戸田恵梨香)が針にささったシーンを見て、大丈夫かな?

不安で見ていると、結果が出るまで隔離病棟へ。

 

一人になる緋山美帆子(戸田恵梨香)はエボラ出血熱のことを調べるが致死率80%

隔離され、不安な気持ちでいっぱいの緋山美帆子(戸田恵梨香)のもとに料理人の男がお見舞いにきた。

 

感染症が移るリスクがあるにもかかわらず緋山美帆子(戸田恵梨香)の病室に入ってきた。

万が一、移って死ぬのもありかなって。

このシーンを見た時に、料理人の男も緋山美帆子(戸田恵梨香)のことを好きなんだな。

アツいぞ~!ひゅ~ひゅ~!

とテレビこしから冷やかす私(失礼しました…(笑)

 

検査の結果、無事感染してなくて出てきた。名取颯馬(有岡大貴)が「緋山先生ごめんなさい…」と涙ぐむ姿を見て、名取颯馬(有岡大貴)がまるで別人のように感じた。

かわいい。

今回の名取颯馬(有岡大貴)は素直でかわいらしく感じました。

本当によかったです。

 

12歳の少年 仮病か…? それとも…

灰谷の診察した少年、診察したが画像診断で何もみあたらない。

付き添ってるお母さんは、「大丈夫だって行こう」

と声を掛けますが、本人は痛がっている。

 

入院させて、検査を行うがやはり何も見当たらず、藍沢耕作(山下智久)はなにもないならそれでいいじゃないか。と軽くあしらうが、納得いかない灰谷。

人を純粋に信じる灰谷のキャラ、そんなところが素敵だな~と見ていました。

 

救命救急に新患が運ばれてきた。

その反対では健一君が急変。

灰谷の読み通りなにか腹部に原因があったようだ。

健一君の処置を灰谷俊平(成田凌)、名取颯馬(有岡大貴)、雪村双葉(馬場ふみか)の 新人3名で行うことになった。

 

このとき、あのいつもやるきのなかった名取颯馬(有岡大貴)が率先して処置をしてる姿がとてもかっこよく見えて名取颯馬(有岡大貴)の人間としての成長も感じられ見てて気持ちが良かった。

 

藍沢耕作(山下智久)は天野奏(田鍋梨々花)の様子を見てましたがオセロを裏返そうとしても手がガタガタ震えてうまくひっくり返せない…。

 

「わたしの仕事はピアニスト…もうそんな音は聞こえない…悲しみとか喜びとか…」

このシーンを見た時に苦しくて、切なくて、うるうる。

どうにかしてやりたいが、どうにもできない…。

次の回で、少しずつでもいい。

うごくようになればいいのに…。

と陰ながら期待、応援しているわたしでした。

 

奏ちゃんと料理人の男性、必ず毎回出演しますね。この二人、少しずつの登場ですが、二人とも印象が濃い。

 

今回のコードブルーは、名取颯馬(有岡大貴)の医者として、ひとりの人間としての成長が見れたのが良かったです。

 

終盤での藍沢耕作(山下智久)」と新海広紀(安藤政信)2人のバーでの男同士のトーク。

二人なんだか絵になってましたが新海広紀(安藤政信)は藍沢耕作(山下智久)に勝てるとライバル心があってオペしたとのこと。

そんな気持ちで天野奏(田鍋梨々花)がオペの勝負に巻き込まれたのはかわいそうです。

患者に人生をなんだと思っているんだと少し感じしまいました。

 

最終回まで3人の新人さんが今後どのような成長を見せてくれるのか、次回も楽しみで仕方がないです。

 

ドラマ『コードブルー3』第9話のあらすじは?

出典:YouTube(公式サイト)

1時間あると何が起きるか。ときに人生すら変わる…。

急患3人が初療室に運び込まれた。

一人は両角孝平(成田瑛基)、33歳の車椅子ラグビー選手。

ハーフタイムのウォーミングアップ中、車椅子ごと階段から落ちたらしい。

さらに熱傷の患者、高所転落の患者の3人が運び込まれるが、藍沢耕作(山下智久)始め救命の皆が力を合わせ迅速な対応を行った結果、3人とも命を落とすことなくICUへ移動させられた。

 

橘啓輔(椎名桔平)は数ヶ月前を思い返しながら白石恵(新垣結衣)が引っ張る救命がいいチームになってきたと語る。 医局では名取颯馬(有岡大貴)の父、将馬(山田明郷)が待っていた。

父の目的とは?

 

三井環奈(りょう)は息子、優輔(歸山竜成)が最近「疲れた」という言葉を口にするようになったと夫、橘に報告。

3年間、優輔の心臓移植を待ち続けてきたがもう限界と悟った橘は海外での移植を提案、三井も同様の考えだった。

そんな時に移植ネットワークから連絡が入る。

 

そして翔北救命救急センターに消防からドクターヘリ要請が入る。

千葉新都市地下鉄開通前の線路内にて崩落事故が発生、負傷者多数、子どもも含まれているという。

皆がそれぞれに今後の人生を左右するような決断を迫られる1時間を描く。

出典:http://www.fujitv.co.jp/codeblue/story/index09.html

 

ドラマ『コードブルー3』第8話のまとめ

ドラマ『コードブルー3』第8話のみんなとわたしの感想、視聴率、第9話のあらすじの紹介でした。

 

あれだけ医療について、蛋白で患者の気持ちもわからなかった名取颯馬(有岡大貴)の心が成長していっているシーンが見れたのはとても良かったと感じますし、感動しました。

 

人の痛みや苦しみを理解してくれる医者でないと患者も身をゆだねるのに躊躇してしまいますし、そんな冷たい医師に当たりたくないと思うもの。

 

良いシーンが満載の第8話でした。

 

来週も楽しみです。

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です