ドラマ『コードブルー3』第2話の感想と視聴率と第3話のあらすじは?

コードブルー3第2話が放送されました!第1話から号泣してしまった人もいたのではないでしょうか。

感動するシーンがたくさん散りばめられている医療&人間ドラマです。

今日はコードブルー3第2話のみんなの感想と視聴率と第3話のあらすじについて紹介します。

 

スポンサーリンク

 

ドラマ『コードブルー3』第2話のあらすじは?

 

連投失礼します。 横峯先生と雪村さん🙌 あと15分か。 と思ったら時差があるんでした😵 あと1時間15分ですね。 予告と動画や写真、撮れたらでいいので 送っていただけると助かります。 こっちは星が綺麗でした。 ああもう3話か。 早くもコードブルーロスになりそうです。 #コードブルー #山下智久 #新垣結衣 #戸田恵梨香 #比嘉愛未 #浅利陽介 #codeblue #thethirdseason #月9 #りょう #寺島進 #杉本哲太 #有岡大貴 #成田凌 #新木優子 #馬場ふみか #コードブルー3 #コードブルー3rdseason #コードブルードクターヘリ緊急救命

コードブルードクターヘリ緊急救命 fanpageさん(@unofficial_codeblue)がシェアした投稿 –

藍沢耕作(山下智久)が救命救急センターに戻って一週間が経過した。

しかし、白石恵(新垣結衣)と藍沢のフェローへの指導方針などを巡るぶつかり合いは、緋山美帆子(戸田恵梨香)藤川一男(浅利陽介)も辟易するほど。

横峯あかり(新木優子)への藍沢の指導の厳しさは、センターを円滑に回したい白石にとって許しがたいものだった。

白石は藍沢の復帰を願ったことを早くも後悔し始める

そんな折、開放骨折の患者、宮本望海(古畑星夏)が救急搬送される。

17歳の望海は妊娠していることがわかり、駆けつけた父の勉(平山祐介)はHCU(高度治療室)でほかの患者が寝ていることも顧みず大声で娘をしかり始める。

出産を望む望海に勉は大反対しているのだ。

妊娠で悩んでいるのは、この親娘だけではなかった。

藤川は冴島はるか(比嘉愛未)の懐妊を知ったものの本人から話してくれないため聞くこともできずに思い悩んでいた。

藤川は、そのことをうっかり白石や緋山に話してしまう。そこには藍沢もいた。

藍沢は人体模型を使って胸腔ドレーンの練習をする横峯を見つけ、ICU(集中治療室)に連れていく。

意識がない患者を最高の練習台と語り練習を促す藍沢の考え方についていけず横峯はついに泣き出してしまう

傍では灰谷俊平(成田凌)が震える腕を必死で押さえているなど白石は救命センターの現状に頭を抱えてしまう。

ギスギスした師弟関係のまま、ドクターヘリ要請を受けた藍沢と横峯は現場へ飛ぶ。

マリーナでクレーンによって吊られた船が落下して、親子3人が怪我をしたらしい。機内で緊張する横峯に、藍沢は3人全員の処置を任せると言い放った。

出典:http://www.fujitv.co.jp/codeblue/story/index02.html

横峯あかり(新木優子)への藍沢耕作(山下智久)からの強いプレッシャーで泣き出してしまう。

目の前の患者を救う気持ちと、患者を練習台という藍沢耕作(山下智久)の冷たい言い方に挟まれてしまって、心がやられてしまう横峯あかり(新木優子)が気になりますね。

一人前のDrになるために乗り越えなければならない状況を横峯あかり(新木優子)はどう乗り越えていくのかが第2話の一番の見どころです!

ドラマ『コードブルー3』第2話の視聴率は?

さて気になるコードブルー3第2話の視聴率ですが、15.6%と、15%以上をキープしています。

今期のドラマの中で、第2話として唯一15%の視聴率を超えているのは「コードブルー3」だけ。

二番手の「カンナさ~ん」で12.6%ですから、大きくリードしているのが、「コードブルー3」。

このまま2017年7月~9月のクールで独壇場となるのか注目です!

ドラマ『コードブルー3』第2話のみんなの感想は?

横峯あかり(新木優子)の頑張りが良かったですね。

藍沢耕作(山下智久)にも最後に「よく頑張った!」と横峯あかり(新木優子)を認めたシーンが印象的!

また17歳で妊娠してしまった古畑星夏と父親の関係も感動でしたね。

親っていつまでもたっても子供のことが心配で、自分と同じように苦労してほしくないと説得する父親とそれでも生みたいと娘と話し合い、最後は生むことを決意した娘に父親が理解する姿に感動です。

あそこは感情移入して見入ってしまった人もいますね!

泣けます!

 

スポンサーリンク

 

ドラマ『コードブルー3』第2話のわたしの感想

さて、コードブルー3第2話の私の感想を紹介します。

ネタバレにかなりなりますので、気になる人は読み飛ばしちゃってください。

 

熱血!?かつ冷静?!な藍沢耕作(山下智久)!

コードブルー3第2話を見て、辛口な藍沢耕作(山下智久)にビシバシ指導される新人の横峯あかり(新木優子)。

ドクターヘリでは、一人で診断してやっていくんだと。

横峯あかり(新木優子)が泣いてるシーンもありましたが、女性が泣いても、非常な態度を貫きとおすのだなと感じました。

藍沢耕作(山下智久)から『人の命を預かってるんだからしっかりしろと、ドクターヘリに乗るのは甘くないんだ』とドクターヘリに乗る使命とその厳しさがヒシヒシと伝わってきましたね。

 

いざ一人で乗りテンパってる横峯あかり(新木優子)を冷静に落ち着かせる姿を見て、ただ、厳しいだけではなくホントにしっかりした指導者なんだと、藍沢耕作(山下智久)に尊敬し、時と場合により優しさもしっかり兼ね備えていて素敵だなと感じます。

ドクターヘリに乗る者は一人でしっかり責任をもって人の命と向き合う

生半可な気持ちではいけない、そういう重大な仕事!

命の救う仕事は、とても厳しい環境下で行わられていることを感じましたね。

 

落ち着いて処置を行い7歳の子を必死で救おうとする横峯あかり(新木優子)のひたむきな姿ががんばれ~と真剣に夢中で応援していました!

最後は搬送中での手術も成功して本当に良かったです!

 

泣ける!父の娘への愛情

17歳の妊娠中の娘と久しぶりにあった父親のやりとり。

久しぶりに会ったかと思ったら、妊娠だと~!?

 

そのことを知って、激怒している父親。

しかも、17歳で新ママ~!!

いつの間にそんなことになったのかとかまったく連絡取れなかったのか、もっと、必死になって、探さなかったのかとかつっこみたい部分もありましたね笑

純粋に17歳の娘が妊娠したと想像するだけで、わたしなら腰が抜けるなと思いながら見ていました。

 

厳しいお父さんだけど、娘にちゃんと子育ての厳しさ仕事をして、子供をそだてるとはどんな責任が伴い大変か説きます。

17歳でママになり、子育てをちゃんと投げ出さずにできるのかとか、母親になる厳しさを教えてる姿が子供を持つ親として父親の言ってる言葉に納得です。

娘の母としてこの子を生みたいとゆう気持ちが伝わってきてジーンとしたり、親子の二人の気持ちがわかり感情移入して泣けるシーンでしたね。

 

 

今後、どのようにへりに乗るフェローの横峯あかり(新木優子)らのフェロードクターが成長していくのか気になるところ!

成長の過程とか、どんな患者さんを救うのか、どんな出会いがあるのか、どんな困難が待ち受けているのか、仲間とどのように絆を深めていくか、今後のストーリーと展開が楽しみです。

コードブルー3にすでにハマって熱中しています!

次回の第3話が待ち遠しい。

ドラマ『コードブルー3』第3話のあらすじは?

”命とその人が命よりも大事だと思っているもの。どちらかを選ばなければならないときどうすべきなのか?“。

藍沢耕作(山下智久)はあらためてこの問題に向き合っていた。

藍沢が脳外科医で出会った患者の天野奏(田鍋梨々花)は将来を期待される14歳の天才ピアニスト。

しかし彼女の脳は腫瘍におかされていた。指先の動きなどを司る様々な中枢が入り込んでいる部分に腫瘍を抱えている。

今手術をすれば奏の命は守られるが、ピアノを弾けなくなるというリスクが伴う。

両親は早期の手術を望むが、拒否し続ける奏に現在の担当医、新海広紀(安藤政信)は頭を悩ませていた。

 

一方、救命には渓流で足を滑らせて転落した男性、緒方博嗣(丸山智己)が運び込まれる。

こだわりの料理人として注目を集めている緒方だが、頸椎に脱臼骨折というダメージを受けていた。

この状況下にあって自分が仕留めたイワナのことを心配する緒方に緋山美帆子(戸田恵梨香)は興味を持つ。

 

そんな中、森林公園で倒れていた男性救出のためドクターヘリ要請が入り白石恵(新垣結衣)らが救出に向かった。

藍沢たちが病院で待機していると、白石からドクターヘリの機内に原因不明の汚染が発生したとの報告が入る。

藍沢たちは初療室周辺とヘリポート、緊急外来を立ち入り禁止にするなど異例な事態に備える。

藤川一男(浅利陽介)は身重の冴島はるか(比嘉愛未)も汚染されたヘリに同乗していることを思い出し、即座に走り出すのだった。

出典:http://www.fujitv.co.jp/codeblue/story/index03.html

ドラマ『コードブルー3』第2話のまとめ

さて、コードブルー3第2話の感想と視聴率の紹介でした。

今回は、横峯あかり(新木優子)がドクターヘリを藍沢耕作(山下智久)と乗り、指揮から手当のすべてを任せられ、その試練に挑戦し、見事成功したわけですが、見ていてハッとしましたし、ドキドキしましたね。

うまくいって本当によかったです。

横峯あかり(新木優子)もまた1つ大きく成長できたのではないでしょうか。

 

また17歳の妊娠した娘(古畑星夏)と父親の最後のシーンも感動しましたね。

親子の絆っていいなって感じました。

 

またまた第1話に続いて、第2話も泣いてしまいました。

ハンカチの準備を忘れないようにしつつ、第3話も早く見たいですね!

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です