【モンテクリスト伯】は主題歌も話題!?どんな楽曲か、徹底分析!!

フジテレビ系列木曜劇場で4月19日から放送される「モンテクリスト伯-華麗なる復讐―」は、アレクサンドル・デュマの小説「モンテクリスト伯」を原作とするドラマです。

舞台を現在の日本に移し、主人公・紫門暖をディーン・藤岡が演じることで話題になっているドラマ「モンテクリスト伯」のあらすじを簡単に紹介します。

漁業会社に勤める紫門暖は、結婚と出世を目前に控え、幸せな毎日を送っていました。

そんな2人を恨めしく見つめる男・南条幸男(大倉忠義)は、紫門を陥れる策をねります。

南条は、紫門の上司・神楽清(新井浩文)と警察官・入間公平(高橋克典)と共謀し、紫門を無実の罪に陥れます。

15年間の投獄後、出所した紫門は、復讐のための罠をしかけます。

このように、興味深い内容のドラマ「モンテクリスト伯」の主題歌も話題になっています。

 

「モンテクリスト伯」の主題歌について紹介します。

 

スポンサーリンク

 

【モンテクリスト伯】、主題歌は主役ディーン・フジオカが歌う「Echo」

ドラマ「モンテクリスト伯」の主題歌に選ばれたのは、ディーン・フジオカが歌う「Echo」です。

主人公の紫門暖が、復讐心を抱くようになった過去の運命や現在の復讐への思いを表現した全英語詩の楽曲です。

 

どうして、全英語詩の楽曲にしたのか、ディーン・フジオカのプロフィールから考えてみます。

ディーン・フジオカのプロフィール
  • ディーン・フジオカ(本名・藤岡竜雄)は、1980年8月19日に福島県須賀川市に生まれました。
  • アミューズ所属の俳優・ミュージシャン・モデル・映画監督です。
  • 1997年、第10回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストで最終選考まで残りました。
  • 2004年、香港のクラブでラップを披露し、スカウトされ、香港を拠点にモデルとして活動する。
  • 2006年、台湾でデビューし、香港映画「八月の物語」で主演し、俳優として注目されました。
  • 2013年、映画「IamICHIHASHI逮捕されるまで」で、日本作品の監督・主演・主題歌を務めました。同作の主題歌も担当し、この曲は彼にとって「僕の自己紹介みたいなもの」と語っていました。
  • 2015年、フジテレビ木曜劇場「探偵の探偵」で日本の連続テレビドラマに初出演する。
  • 同年、9月からNHK連続テレビ小説「あさが来た」に出演し、大人気になりました。

以上のように、ディーン・フジオカは、香港、台湾における活動時期が長く、英語に堪能であり、今回の全英語詩の主題歌につながったものと思われます。

 

次に、主題歌が、主役ディーン・フジオカ本人の書き下ろしであることを紹介します。

 

【モンテクリスト伯】主題歌は主役ディーン・フジオカ本人が書き下ろし!?

「モンテクリスト伯」の主題歌「Echo」は、主役ディーン・フジオカが、スイスに渡航していたときに、作られました。

ディーン・フジオカは、「モンテクリスト伯」の暮らした異国の地で、主人公・紫門暖の復讐を抱くに至った過去への嘆きや疑問をもつ主人公の心情を考え、ドラマの謎を紐解く要素も含んで書き下ろしたと言われています。

 

歌詞の中に、「過去に囚われ、自分を許せず、その理由すら解らない」と歌ったところがありますが、この部分が、主人公の気持ちを最も表した代表的な部分だと思いました。

 

それでは、ディーン・フジオカが、どんな思いで、主題歌を書いたのか紹介します。

 

【モンテクリスト伯】主題歌、ディーン・フジオカはどんな思いで書いた曲!?

ディーン・フジオカは、主題歌「Echo」について、

「制作当時スイスに渡航していた事がきっかけで、チューリッヒやベルンなどの街並みやそこで出会った人々、博物館や美術館の収蔵品などから、特に宗教戦争にまつわるヨーロッパの歴史を身近に感じ、想像力を掻き立てられました。

 

信仰を持つ人間が信仰を持つ故にぶつかる壁があるのだとしたら?許しとは?救いとは?

答えの出ない疑問が「絶望の嘆き」となって、頭の中で反響し続けるイメージをこの“Echo“という曲に込めて書き下ろしました。

 

当時ロシアや東欧のクラブミュージックにハマっていたこともあり、その東方正教会の様式美を連想させるサウンドから受けたインスピーレーションを、自分の楽曲の中で過去最もスロウなBPMに乗せる事で、一音一音が重く響くよう表現しています。

 

「ピアノ弾き語りも含め、自分にとって新しい試みが詰まったこの曲を是非聴いて下さい。」とコメントしています。

 

ディーン・フジオカは、チューリッヒやベルリンのモンテクリスト伯が、暮らしているような異国に地にいて、主人公の「絶望の嘆き」を表現する歌詞と曲を考えて、絶望の中に希望を見いだせる、主題曲「Echo」を作ったと思います。

 

次に、主題曲「Echo」は「誰の曲!?」と問い合わせの状況を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

【モンテクリスト伯】主題歌Echo、「誰の曲!?」と早くも問い合わせ殺到!?

4月19日からフジテレビ系列で木曜劇場で放送される「モンテクリスト伯」の主題歌は、「誰の曲?」か問い合わせのある時期もありました。

しかし、モンテクリスト伯の主題歌Echoが、主演を務めるディーン・フジオカが担当することを、3月に正式発表してからは、問い合わせる人はいないようです。

放送の始まるのを楽しみに待っているファンが大勢います。

 

Twitterの口コミは、

今気付いた!

明日は夫が当直で不在じっくり見られるー!

やほー

ディーンフジオカ主演の『モンテクリスト』絶対観る!

巌窟王読んだ事ないからディーンフジオカ主演のモンテクリスト伯は楽しみにしてる

モンテクリスト伯のディーンフジオカ楽しみ。

など、ドラマの鑑賞を楽しみにしているファンが多いようです。

 

次に、主題歌、ディーンフジオカがピアノも演奏していることを紹介します。

 

【モンテクリスト伯】主題歌、ディーン・フジオカがピアノも演奏!?

ディーンフジオカは、「自分の楽曲の中で過去最もスロウなBPMに乗せることで、一音一音が重く響くよう表現しています。

ピアノ弾き語りも含め、自分にとって新しい試みが詰まったこの曲をぜひ聴いてください」と、主題歌が自身のピアノ弾き語りであることを報告しています。

ディーンフジオカは、2017年の映画「結婚」の中でも、ピアノの演奏するシーンがありましたが、そのときは、ピアノを弾きながら、セリフをしゃべるのが大変だったと言っていました。

幼少時より、ピアノは演奏していたということです。

 

次に、主題歌はどのようなサウンドの曲かを紹介します。

 

【モンテクリスト伯】主題歌、静かなイントロからダークなサウンドへ変貌する曲!?

主題歌Echoは、ロンドンで流行のWaveサウンドを取り入れた曲で、美しい旋律に、ディーンフジオカの弾き語りの声が重なって、素敵な曲になっています。

Echoに取り入れたWaveサウンドは、「サイマティクスサウンドセラピーとしてイギリスで生まれた「音」を使った「音響療法(代替療法)」でWHO世界保健機講でも認可されています。」と言われていて、細胞を活性化する作用があるようです。

静かなイントロからヒーリング効果のあるダークなサウンドへ変貌すると、曲の中へ引き込まれるのは、Waveサウンドの効果によるものと思われます。

 

Echoに関するTwitterの口コミは、

モンテクリスト伯主題歌のディーン新曲echoが新しすぎる!

Waveサウンドって知ってた?

モンテクリスト伯 番宣 Deanさんの主題歌echo聞けたー

など、新しい曲に対して、好印象を持っている人が多いようです。

 

まとめ

フジテレビ系列木曜劇場で4月19日から放送される「モンテクリスト伯-華麗なる復讐―」の主題歌であるディーンフジオカの書いた「Echo」についてまとめました。

ディーンフジオカの歌う、主題歌「Echo」はディーンフジオカの書いた曲で、ディーンフジオカのピアノの弾き語りで歌っていることを紹介しました。

また、主題歌「Echo」は、どんな状況で書かれ、サウンドについても紹介しました。

ドラマ「モンテクリスト伯」に対する興味が増して、主題歌も含めて、ドラマを楽しんでいただければ幸いです。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください