【闇の中!6話】僕たちがやりました(僕やり)の各感想と視聴率と第7話のあらすじは?

ドラマ『僕たちがやりました(僕やり)』第6話が2017年8月22日に放送されました。

なぜ菜摘(水川あさみ)は西塚(板尾創路)に協力をしたのか?

原作漫画にない「オリジナル設定」だけにどんな展開になるのか楽しみです。

 

今日は、ドラマ『僕たちがやりました(僕やり)』第6話のみんなの感想と視聴率、第7話のあらすじを紹介します。

 

もしよければ、ご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

僕たちがやりました(僕やり)第6話のあらすじは?

爆破事件の真犯人を名乗る真中幹男(山本浩司)が犯行を自供し、パイセン(今野浩喜)は釈放に。

大爆発は真中の仕業で、自分たちに責任はないとパイセンから告げられたトビオ(窪田正孝)は、ようやく罪の意識から解放される。

 

まもなく、伊佐美(間宮祥太朗)とマル(葉山奨之)も戻り、再会した4人。

マルがトビオから奪った金を使い果たし、伊佐美の金まで横取りしようとしたと知ったトビオはあきれるが、事件の前の“そこそこ”に楽しい日常が戻った喜びが、マルへの「怒り」を忘れさせてしまう。

 

同じ頃、菜摘(水川あさみ)が不審な動きを見せていた。

 

弁護士の西塚(板尾創路)から「“協力”の礼に」と金を受け取った菜摘は、その夜、帰宅したパイセンの前に現れて…。

 

一方、事件の結末に納得がいかない飯室(三浦翔平)は、闇社会のドン・輪島(古田新太)が事件に何らかの関わりがあるのではないかと疑い、輪島に会いに行く。

ある日、蓮子(永野芽郁)がトビオの元を訪ねてきた。

トビオへの容疑が晴れたことを喜ぶ蓮子。

市橋(新田真剣佑)と蓮子の仲を疑っていたトビオだが、誤解とわかり、2人はいいムードに。

 

翌日、トビオたちはパイセンの自慢げな告白に驚く。

なんと菜摘からデートに誘われたというのだ。

1人では心細いのか、無線マイクと隠しカメラを用意していたパイセンは、菜摘との会話をこっそりモニターするようトビオたちに頼むと、いそいそとデートに出かけていくが、菜摘には全く「別の」思惑が隠されていた…。

出典:https://www.ktv.jp/bokuyari/story/06.html

 

僕たちがやりました(僕やり)第6話の視聴率は?

さて、ドラマ『僕たちがやりました(僕やり)』第6話の視聴率は5.2%でした。

前回と比較して、0.2%のダウン!

いや~視聴率がなかなか伸びないですね~。

個人的には、かなりおもしろい『僕たちがやりました(僕やり)』の内容なんですけどね。

 

不思議です。

口コミの評判とか見たら、おもしろい!蓮子(永野芽郁)も今宵(川栄李奈)もかわいくて最高!

市橋(新田真剣佑)カッコ良すぎ!など好意的なコメントが多数集まっているんですけどね。

 

まあ、視聴率はあくまで参考情報くらいにしときまして、最終的におもしろいドラマだったかどうかといったところが大事だと思います。

わたしは、おもしろくてエロくて、原作漫画と比較しても再現性が高くて、またみたくなるドラマだと思います!

次回も、楽しみです!

 

僕たちがやりました(僕やり)第6話のみんなの感想は?

蓮子(永野芽郁)ポーズがかわいい!飯室(三浦翔平)が怖すぎる。菜摘(水川あさみ)の過去が気になる!「闇の中」コールが頭からはなれない!原作また読みたくなった。相変わらずエロい!おもしろい!などたくさんのコメントが出ています。

 

私もそう思います。

とくに「闇の中」のシーンは第6話では、No1の見どころだったでしょう。

たとえ無罪になったとしても、人の殺した事実は消えませんことを突き付けた飯室(三浦翔平)のあのシーンがとても印象に残ります。

「あ、そ~れ!」、「闇の中!」、「闇の中!」、「闇の中!」

 

耳の残りっぱなしです。

 

スポンサーリンク

 

僕たちがやりました(僕やり)第6話の私の感想

では、ドラマ『僕たちがやりました(僕やり)』第6話の私の感想を紹介します。

かなりのネタバレになりますので、気になる人は読み飛ばしちゃってくださいね。

逃亡生活が終わったトビオ(窪田正孝)は、以前のような生活に戻れるのか?!

真犯人が逮捕され、パイセン(今野浩喜)が釈放されたことで、トビオ、マル(葉山奨之)、伊佐美(間宮祥太朗)の逃亡生活も終了しました。

 

トビオはマルや伊佐美とどんな顔をして会えばいいのかと悩んでいましたが、二人が笑顔でパイセンと喜び合うのを見て、「もういいや、全部もとに戻そう、だって俺ら友達じゃん」と笑顔になります。

この軽さがトビオらしくはありますが、逃亡生活の中で、マルにお金を盗まれ裏切られ、トビオ自身も今宵(川栄李奈)と寝てしまって、伊佐美を裏切りました。

パイセンとはお金でつながっているようなものだし、この4人に本当の友情があるとは思えなくなったので、「俺らは友達」というトビオの言葉がむなしいものに聞こえてしまいます。

 

4人でカラオケに行き、パイセンが菜摘(水川あさみ)からデートに誘われたことにみんなで騒ぎ、フラれたらしいとなったら卓球で盛り上がるなど、すっかり事件以前の生活に戻ったようにテンション高く遊びまくるトビオ達。

真犯人がほかにいたとしても爆破事件を起こしたのは確かなのに、のん気に遊びほうけている4人に違和感を感じ、モヤモヤしてしまいました。

それでも、トビオと伊佐美は爆破事件の続報を気にしていたり、どこかひっかかるものがあるようです。

 

蓮子(永野芽郁)と再会を果たしたトビオは、カラオケでのことを蓮子に謝ることはできたものの、蓮子から「今回のことで疑いも晴れたし、市橋に会ってちゃんと話した方がいい」と言われ、複雑な表情を浮かべていました。

一見、以前の生活に戻ったようでも、トビオの心にはどこかわだかまりがあるようです。

やはり、自分たちが完全に無罪と言い切れるのかどこか疑問に感じていたのかもしれません。

 

菜摘の目的、そしてパイセンの正体とは?!

真犯人を目撃したと嘘の証言をした菜摘は、今度はパイセンに近づき、デートに誘ってきました。

菜摘がパイセンと付き合うわけがないので不思議に思いましたが、やはり菜摘の本当の目的は、他にありました。

 

菜摘がパイセンに「あなたのお父さんに会わせなければ、あの夜本当に見た犯人の顔はあなただって証言する」と言って脅した場面は、生徒思いの教師だった菜摘の意外な顔に驚きました。

菜摘がそこまでして会い、復讐しようとしたのは、輪島(古田新太)でしたが、一体どんな恨みがあるのでしょうか。

 

そして、パイセンは闇社会のドンである、輪島の愛人の子でした。

しかし、今まで自分の父親が輪島であることを知らなかったようです。

父親を知らず、母親も亡くなっているのに、パイセンはどうしてあんなにお金持ちなのでしょう。

この先、パイセンの過去も明かされそうで、気になります。

 

明らかになる真犯人!そしてトビオは?!

ふざけ合いながら、逃亡中の出来事の暴露大会を始めたトビオ達。

そこでパイセンの口から、とんでもない暴露が飛び出します。

爆破事件の犯人は、やはりトビオ達4人で、真犯人はでっち上げだというのです。

 

パイセンが逮捕されたことを知った輪島が、ホームレスの命を買い、指名手配の絵に似た顔に整形させて自首させた、というあまりに重く恐ろしい話に、驚きました。

 

釈放された時に西塚にその事実を知らされていたにも関わらず、何もなかったようにトビオ達とバカ騒ぎをしていたパイセンまでもが、恐ろしく感じます。

しかしここで暴露してしまったのは、やはりパイセンも一人ではこの事実を抱えきれなかったのかもしれません。

 

パニックになるトビオ達に、パイセンは「俺らが黙っていれば問題ない」と言い放ちます。

それにマルや伊佐美も同意し、「10人殺したけど、俺たちが黙ってれば闇の中だ」などと言いだします。

そして「闇の中、闇の中」と手拍子をしながら歌い出す3人が怖すぎました。

 

本当にそれでいいと思っているのでしょうか。

それとも、自分たちの重すぎる罪を受け止めきれず、少し狂ってきてしまっているのでしょうか。

 

トビオだけが、「そのホームレスが死刑になれば俺らが殺したことになる、俺らがしたことは闇に埋めても消えない」と思っていて、逃亡生活のせいか以前よりまともになったようです。

でも、そのトビオも、苦悩しながら、他の3人が歌うのに合わせて手拍子を始めてしまいます。

 

しかし、すべてを闇の中に隠そうとしても、真実を知っている人間は存在していました。

 

トビオ達の前に現れた飯室(三浦翔平)は、亡くなった10人の生徒の写真を並べ、「お前らはこれからの人生で幸せを感じるたびに思い出すんだ。人の命を奪ったということを!一生苦しめ!」と言い放ち、去っていきます。

 

飯室はどこか不気味で何を考えているのか分からない刑事だと思っていましたが、実は胸の中に熱い正義感を持っていたのですね。

この時の飯室の怒りや、放った言葉の迫力はただごとではなく、トビオ達の胸にも重くのしかかったようです。

 

家に帰ったトビオは、「幸せが気持ち悪い」と感じるようになり、その晩の夕食も吐いてしまいました。

そしてある日、一人で過ごしていた高校の部室から屋上に出たトビオは、美しい夕日に誘われるように、そこから飛び降りてしまいます!

 

突然の展開に、驚きました。

次回もどうなるのか、目が離せません。

 

僕たちがやりました(僕やり)第7話のあらすじは?

爆破事件の真犯人は、やはりトビオ(窪田正孝)たちだった――。 飯室(三浦翔平)に真相を突きつけられ、逃れられない罪の意識に苦しむトビオは、校舎の屋上から衝動的に飛び降りるが、骨折だけで奇跡的に命をとりとめる。

トビオが運ばれたのは、偶然にも市橋(新田真剣佑)が入院している病院だった。

 

やけに明るいトビオの振る舞いに戸惑う市橋。

実はトビオには、ある決意があった。 「死んだら、それで償おう。でももし生きたら、新しい俺を始めよう―」

事件後、どん底を味わった自分は「幸せになってトントン」と言い聞かせ、罪の意識から逃れるように、今までとは違うトビオになっていく。

 

そんなある日、市橋から蓮子(永野芽郁)への思いを打ち明けられたトビオは、2人の恋を応援すると市橋の背中を押す。

一方、心情の変化や入院の事を知らせず、ぷっつりと連絡が途絶えていたトビオに、蓮子は気をもんでいた…。

 

同じ頃、伊佐美(間宮祥太朗)は飯室が言い放った「一生苦しめ」という言葉に罪悪感をあおられ、事件の被害者たちの家を一軒一軒訪ねては遺影に手を合わせる日々を送っていた。

マル(葉山奨之)は事件のことなど忘れたかのように、クラスメートとのんきにカラオケに出かける日常を取り戻していた。

パイセン(今野浩喜)は、飯室から「お前は父親に愛されていない」と告げられたことで、「愛」を知らない空虚な自分に絶望。

父・輪島宗十郎(古田新太)に会って愛情を確かめようと決意。

一度も会った記憶のない父親の輪島のことが知りたいと、菜摘(水川あさみ)のもとを訪ねるが…。

https://www.ktv.jp/bokuyari/story/07.html

 

僕たちがやりました(僕やり)第6話のまとめ

ドラマ『僕たちがやりました(僕やり)』第6話のみんなの感想と私の感想、視聴率と第7話のあらすじの紹介でした。

トビオ(窪田正孝)らは、それぞれの想いで償ったり、真相を突き止めたり、そのまま変わらないままだったりと過ごしています。

 

トビオ(窪田正孝)が飛び降りたのはなぜだったのか。

辛すぎる現実を飯室(三浦翔平)から突き付けられたトビオ(窪田正孝)、マル(葉山奨之)、伊佐美(間宮祥太朗)、パイセン(今野浩喜)。

もう過去は変えられない。

 

第7話は、これまで明かされなかったパイセン(今野浩喜)の知られざる過去や、蓮子(永野芽郁)とトビオ(窪田正孝)、市橋(新田真剣佑)の三角関係のゆくえ、菜摘(水川あさみ)の輪島宗十郎(古田新太)に傷つけられた過去が明らかになりそうな大事な回が予想されます。

 

大事な展開を迎える7話になりそうですね!

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です