坂口健太郎の演技力が右肩上がり!?イケメンで演技力も高い俳優になる予感!?

ドラマ「シグナル 長期未解決捜査班」を見ていると坂口さんはナチュラルな感じでドラマに溶け込んでいるなと思いませんか?

兄の死という傷を抱えながらもプロファイラーとして奮闘している姿は見ている人を惹き付けます。

今日はそんな坂口さんの今までの出演作をご紹介しながら坂口さんの演技評価等をお伝えしたいと思います。 

 

スポンサーリンク

 

坂口健太郎の演技力の評価は賛否両論!?

坂口さんの演技は評価している方もいれば、そうでない方もいるのが現状です。

特に俳優になりたての頃はそんな意見もありました。

スペシャルドラマ「模倣犯」では主人公に近い連続殺人犯の役でした。

複雑な感情表現が演じづらかったのでしょうか。

優しい役柄の方が合うのかもしれませんね。

ご本人も今まで演じた中で一番寄り添えない役だと仰ってました。

どうやら難しい役だったようですね。

しかしこの役柄については賛否両論で猟奇的な演技が良かったという意見もありました。

ドラマ「コウノドリ」では小児科医としての優しさが溢れていてよかったという意見もあれば、綾野剛さんや星野源さんのかげになってしまい、あまり存在感のない演技だったという意見もありました。

悪い意見ばかりではないので好みの問題でしょうか。  

 

坂口健太郎の演技力の評価は低め!?「棒」との声も

まだ俳優2年目の頃に出演した映画「俺物語」では演技が棒だという意見がちらほらあります。

まだ2年目なのとキャラ設定の影響もあったとも言われています。

男臭い主人公の親友役で、イケメンだけど友達思いという役でした。

少し演じにくかったのでしょうか。

また、共演者が鈴木亮平さんと永野芽郁さん。

二人はそれぞれNHKの大河ドラマと朝の連続テレビ小説の主役になっている人物です。

二人の演技が上手すぎたというのもあるのではないでしょうか。

しかし坂口さんの他の作品の評価は棒演技ばかりではありません。

スペシャルドラマ「模倣犯」では主人公に近い連続殺人犯の役でした。

複雑な感情表現が演じづらかったのでしょうか。

優しい誠実な役柄の方が合うのかもしれませんね。

ご本人も今まで演じた中で一番寄り添えない役だと仰ってました。

どうやら難しい役だったようですね。

しかしこの役柄については賛否両論で猟奇的な演技が良かったという意見もありました。  

 

坂口健太郎の演技力、「泣きの芝居」で低評価!?

2016年1月から放送していたドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」では森川葵さんを好きな役柄でした。

感情を爆発させて泣いてしまったり、怒ったりする役のはずでしたが、あまり視聴者に伝わらなかったという意見がありました。

ドラマ全体的に暗くて静かな雰囲気のせいかセリフの抑揚も付けづらかったようです。

どうやらこのドラマで泣きの演技が低評価となったようです。

ドラマ自体も低評価だったのでなんとも言えないところですが。  

 

坂口健太郎の演技力、「笑い方」で低評価!?

こちらも「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」での笑い方が不自然だという意見がありました。

ドラマの雰囲気に合わせると普段通り笑うこともできず難しかったのかもしれません。

このドラマの役はあまりはまらなかったようですね。  

 

スポンサーリンク

 

坂口健太郎、演技力は低いがかっこいい!?

俳優を始めた頃はそう言った意見もあったようです。

映画「ヒロイン失格」では演技の評価よりあまりにかっこいいので、「かっこいい!素敵!」の声がやみませんでした。

「演技下手でも私を抱き締めて」とツイートしているファンの方もいました。

もはや存在が神なのでしょうか。

ファンでなくても坂口さんに見とれてしまっているようです。  

 

坂口健太郎の演技力は作品ごと上がってきている!?

ドラマ「コウノドリ」

出世作と言ってもいいのではないでしょうか。

小児科医の役で素の優しい感じが出ていたのではないでしょうか。

生まれたての赤ちゃんを守りたいという演技が伝わってきましたね。

シーズン2ではさらに活躍し、慣れてきた故のミスが生じたりと波瀾があらりましたが、傲慢になったときの演技もよかったです。

 

朝の連続テレビ小説「ととねえちゃん」

ヒロインの高畑充希さんに一度プロポーズしますが、高畑さんは家族を守るために断り、坂口さんが奥さんに先立たれてから再会したときには坂口さんが再婚できないという、好きなのにくっつけない役でした。

植物を研究する帝大生の役でした。

素朴で女慣れしていない演技が好評でした。

プライベートでも高畑さんと噂になりましたね。

 

ドラマ「東京タラレバ娘」

人気モデルのKEYという無口でクールな役でした。

ヒロインの吉高由里子さんには何かと突っかかっていました。

ぶっきらぼうで冷たい人かと思いきや、昔、吉高さんそっくりの先生に恋して結婚したけど先生はずいぶん前に亡くなり心に傷を抱えていました。

人気モデルという点は坂口さんそのものですが、実は優しいところもあるそんな一面を見せる演技は好評でした。

 

「ごめん、愛してる」

心臓の弱いピアニストの役でした。

気の多いサックス演奏者に恋をして婚約しますが、フラレて生死をさ迷います。

色白で痩せているせいか、心臓の弱いピアニストの役は合っていると思いました。

ちょっとかっこをつけたり、身勝手な演技がよく表現できていて、こちらも好評でした。

 

映画「今夜、ロマンス劇場で」

こちらの役柄は純粋で素朴な青年の役柄がよかったという感想が多いです。

少しヘタレで癒し系の役柄が似合っていたようです。

綾瀬はるかさんとのコンビが良かったようです。  

 

まとめ

坂口さんは俳優になりたての頃の演技は賛否両論でしたが、ここ数年の作品は評価が右肩上がりですね。

坂口さんは純粋で素朴な役柄が一番合うと思いました。

また、今までもメインキャストでしたが「シグナル 長期未解決捜査班」ではついに主演ですね。

これは今までに出演した作品で評価されてきたという証拠ではないでしょうか。

これからも右肩上がりの坂口さんの演技が楽しみですね。  

演技力も光っている坂口健太郎さんの主演ドラマ『シグナル』をまだ見ていない人は、こちらにドラマ『シグナル』の口コミや評判などを調べてみました。

俳優としての坂口健太郎の最新作は見どころ満載です!

もしよかったらご参考にしてみてください。

⇒坂口健太郎主演のドラマ『シグナル』の評判や期待の声はこちらから

 

スポンサーリンク

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です