【失恋は「心」を成長させる?!】 星野源の「生まれ変わり」の歌詞に込められた意味とは?

星野源さんは2017年も絶好調ですね!そんなわたしも星野源さんにハマっている1人です。

 

 

ご存知かもしれませんが、星野源さんの曲って生きるというか生命の尊さを感じる曲が結構多いんですよね。

 

 

なにか生命の大事さを感じさせてくれる曲が全体としては多いんです

 

 

しかし、この「生まれ変わり」は別れた人への想いを唄った1曲です。

 

 

切ない気持ちになります。もう二人が付き合っていたころには戻れない。

 

 

回想している情景が思い浮かぶ1曲です。

 

 

人は失恋することで強くなるともいわれています。曲にすることで星野源さんは失恋を乗り越えていったのでしょうか。

 

 

果てして、どうなのでしょうか。これより紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

星野源の生まれ変わりの曲が聴きたい!

まずは星野源さんの生まれ変わりの曲を聴いてみましょう♪

 

 

しかし、YouTubeでPVを探しましたが見つかりませんでした。

 

 

星野源さんではありませんが、良い声を生まれ変わりを歌われている人がいましたので、そちら動画を紹介します。

 

 

こちらです。どうぞ。

 

 

出典:YouTube

 

 

星野源さんの声ではありませんが、このhasekuruさんという方は、かなり唄が上手ですよね。つい聞き入ってしまいました。いい声ですね。

 

 

何度も何度もというフレーズが情緒を感じさせます。

 

 

なんか寂しさを感じさせながらも、落ち着いた気持ちでなっているというか、彼女と別れた現実をしっかりと受けとめている印象を感じさせますね

 

 

大事な彼女との別れの寂しさが伝わってきます。

 

 

星野源の生まれ変わりの歌詞

生まれ変わりの歌詞をご紹介します。

 

 

こちらです。どうぞ。

 

 

生まれ変わり 

 

収録アルバム:Stranger

 

作曲:星野源  作詞︰星野源

 

歌詞 2013年5月1日発売

 

何度も何度も繋いだ手が
いつまでも輝けばいいな
何度も何度も見上げた背中はもう
前を向いたまま

 

何度も何度も繋いだ手が
いつまでも輝けばいいな
何度も何度も掴んだ背中はもう
前を向いたまま

 

生まれ変わりがあるのなら
人は歌なんて歌わないさ
笑い声 遠くに逃げて
子供の僕はさようなら

 

何度も何度も過ごした日を
いつまでも憶えられるかな
何度も何度も交わした体はもう

 

胸に秘めたまま

 

木漏れ日がラムネの玉が
固く乾いた空き地の本が
叫び声 遠くで逃げて
子供の僕はさようなら

 

何度も何度も繋いだ手が
いつまでも輝けばいいな
何度も何度も交わした言葉はもう
風に消えたまま

 

決してもう二度と戻らぬ日が
いつまでも輝けばいいな
何度も何度も見上げた背中はもう
前を向いたまま
前を 前を向いたまま

 

第一生命のCMにも起用されました。

この星野源さんの生まれ変わりは第一生命のCMソングにも起用されました。

 

 

「生命保険」と「生まれ変わり」のコラボですね。

 

 

「生まれ変わり」は失恋を唄った曲にはなりますが、「生命」と一般的な「生まれ変わり」という似た言葉のイメージから起用されたのでしょうか。

 

 

本来の歌詞の意味と「生命」とは、それほど関係がないのが正直な印象です。

 

 

しかし歌詞の意味とは関係なく、CMをご覧いただくと星野源さんの声とCMの映像が見事にハマっていていい感じです。

 

 

ほんと、いい曲です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

生まれ変わりに込められた想いと意味

 さて、この生まれ変わりの歌を聞いて、また歌詞をご覧になられてどのように感じられますでしょうか。

 

 

星野源さんが、とても大事な彼女と別れた失恋ソングを唄っていると感じました。

 

 

彼女との関係はもう戻らない。彼女の背中が後ろから見えて、彼女はずっと前に向いたままです。

 

 

決して後ろを振り向くことはない別れた情景が思い浮かびます。

 

 

一緒に過ごした日々が今となっては、輝かしい思い出にしかなりません。

 

 

もう戻らない二人の時間を切なく表現されていますね。

 

 

どんな理由で彼女と別れたかはわかりませんが、自分の曲にしてしまうくらい大事な彼女だったということでしょうか。

 

 

辛い別れをされたことが伝わってくる曲といえます。

 

 

人は失恋したのち、生まれ変わる(強くなる)5つの理由とは?

さて、星野源さんの「生まれ変わり」は、まさに失恋の頃を回想した曲となります。

 

 

星野源さんは、失恋を曲に変えることで生まれ変わられたことが伝わります。

 

 

失恋により人は「強くなる」といいます

 

 

失恋によってなぜ人は強くなるのかをこれより5つの理由で紹介します。

 

 

代表的なものがこちらになります。

 

 

1 「恋愛の難しさ」が分かった

 

2 「反省点を見つける」ことができた

 

3 「異性を見る目が養われた」

 

4 「精神力が強く」なった

 

5 「小さな希望を見つけやすく」なった

 

出典:人生の教科書 Happy Life Style

 

 

いかがでしょうか。

 

 

すこし思いあたる部分もあったのではないでしょうか。

 

 

人は失恋することで、どんな理由から別れることになったのか振り返ります。その中で、自分を見つめ直し、時間はかかりますが、失恋を乗り越えていくんですよね。

 

 

まとめ

星野源さんの『生まれ変わり』は失恋を唄った曲になります。

 

 

曲を聴いたことが無い人は、失恋ではなく、本来の意味の「生まれ変わる」ことを連想されるかもしれません。

 

 

しかし、星野源のこの生まれ変わりはという曲は、失恋をしたことで生まれ変わり強くなると決意している曲になります。

 

 

歌詞は、失恋した情景を唄っています。

 

 

『生まれ変わり』の歌詞を作成された段階で、星野源さんが失恋を乗り越えるために作られた歌詞だったかもしれません。

 

 

星野源さんが失恋を乗り越え、そこから強くなるために書いた渾身の1曲といえるのではないでしょうか。

 

 

いい曲なので、ぜひまだご視聴されていない人はもしよかったら聞いてみてください。

 

 

 

【楽天市場】Stranger:星野源

 

 

45秒間の無料の試聴もできます。

 

もしよかったらどうぞ。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です