小林麻央の子供たちの現状は?ママも号泣?病院でのお見舞いがかわいい!ママ不在時の勧玄くんと麗禾ちゃんのお世話の中心は誰がされているの?

さて、現在、闘病生活をされている小林麻央さんですが、2人のかわいらしいお子さんがいます。

 

 

みなさんも知ってのとおり、勧玄(かんげん)くんと麗禾(れいか)ちゃんです。

 

 

とってもかわいいですね。

 

 

勧玄くんと麗禾ちゃんはママである小林麻央さんがとっても大好きです(^_^)。

 

 

2人のかわいらしい勧玄くんと麗禾ちゃんについての入院中のお母さんへのプレゼントについて紹介したいとおもいます。

 

 

勧玄くんも麗禾ちゃんも珍しいなまえに感じる人もいるかもしれません。

 

 

子供たちのなまえの由来についても調べました。

 

 

またママ不在時の勧玄くんや麗禾ちゃんのお世話の中心をされている人は誰がされているのかも調べてみました。

 

 

もしよかったらご覧ください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

勧玄くんと麗禾ちゃんのプロフィールは?

出典:Naver(麗禾ちゃん3歳の頃)

 

 

麗禾ちゃん

 

本名:堀越麗禾(ほりこし れいか)

 

誕生日:2011年7月25日(5歳)

 

初お目見え:2013年3月の熊本・八千代座「古典への誘い」

 

 

出典:Pinterest(勧玄くん3歳)

 

 

勧玄くん

 

本名:堀越勧玄(ほりこし かんげん)

 

誕生日:2013年3月22日(3歳)

 

初お目見え:2015年11月の歌舞伎座公演「吉例顔見大歌舞伎」

 

 

2歳差ではありますが、よくよく考えると、勧玄くんは早生まれなので、麗禾ちゃんと学年が1つちがう年子になるんですね。

 

 

勧玄くんも麗禾ちゃんもとっても可愛いですね(^^)。

 

 

勧玄くんと麗禾ちゃんの名前のそれぞれの由来は?

勧玄(かんげん)くんの名まえって珍しいですよね。

 

 

周りのお友だちにも少ないお名前ではないでしょうか。

 

 

市川海老蔵や小林麻央さんはどのような想いをこめて勧玄くんと名付けたのでしょうか。

 

 

勧玄(かんげん)くんの名まえの由来は?

出典:風水を護る北方神『玄武』

 

どうやら勧玄くんの名まえには3つのポイントがあったようです。それは、

 

 

1 まず”ん” の「音」を入れることを決めていた。

 

 

2 ”玄” については九星の運勢の「星」から考えられたとのことです。

 

 

勧玄くんの誕生日は3月22日です。

 

 

この3月生まれの男性は九星の運勢では、「五黄土星の一白水星」にあたるそうです。

 

 

一白水星の「方位は北」の意味が含まれていて、その守護神はとなります。

 

 

そのため「玄」の字を入れたかったとのことです。

 

 

3 “勧” については、いつかは、勧進帳(←歌舞伎の演目の1つ)の弁慶も富樫も義経も勤めてもらいたい気持ちをこめて勧進帳の「勧」の字を入れられたとのことです。

 

 

「勧進帳」の演目の原型は、初代『市川團十郎さん』が元禄15年(1702年)の初演に取り入れられたのが最初といわれています。

 

 

このように歌舞伎の将来のことも考えながら、練りに練られたおなまえが「勧玄くん」ということになります。

 

 

麗禾(れいか)ちゃんの名まえの由来は?

 

 

いろいろ調べてみましたが、麗禾ちゃんの名まえの由来はわかりませんでした。

 

 

市川海老蔵さんが、アメブロをはじめる前に麗禾ちゃんが生まれたこともあり、麗禾ちゃんの名前の由来について、勧玄くんの時のように、海老蔵さんからの公表はありません。

 

 

そのため詳しいことは不明のままです。

 

 

ただあくまで私見にはなりますが、「麗」という漢字はよくキレイや麗しいなど「美しさ」をあらわす漢字としてよく見かけます。

 

 

美しい、きれいな女性に育ってほしいという想いがこめられているのかもしれません。

 

 

また麗禾ちゃんの「禾」の漢字ですが、これは「」(いね)や「わら」などの穀物の象徴をあらわす意味をもっています。

 

 

「稲」という稲穂がたくさんなっている様子から「繁栄」を象徴するものとして古来から伝わっています。

 

つまり、「麗禾」(れいか)とは「心も体も美しく」「稲穂」のよう大地から「大きく立派に成長」「子供の将来や繁栄」を願ってつけられた「名まえ」かもしれませんね。

 

 

ママが不在時の勧玄くんと麗禾ちゃんのお世話は誰がしているの?

さて、気になるのが、小林麻央さんは現在、入院中です。

 

 

市川海老蔵さんは歌舞伎の仕事が多忙で家を不在にすることも多いとされています。

 

 

小林麻央さんが不在時の勧玄くんや麗禾ちゃんのお世話は、誰がしているのでしょうか。

 

 

調べてみました。

 

 

どうやら、勧玄くんや麗禾ちゃんのお世話をされているのは、市川海老蔵の母親である堀越希実子さんが主に見ているそうです。

 

 

出典:http://ariponnews.com

 

 

とてもきれいな人ですよね。

 

 

品格の高さが写真から伝わってきます。

 

 

料理がとても上手で、めちゃくちゃ美味しいそうです。

 

 

料理本も出されていましたね。

 

 

小林麻央さんのブログでも紹介されていましたね。

 

 

タイトル 母の本

 

2016-10-24 10:41:07

 

母の本。

 

私が伝統を伝える相手は麻央ちゃん

 

という母の言葉があった。

 

まだ何も受け継げていないまま病気になり、

 

闘病で時が過ぎていくことを悔しく思う

 

 

ある人曰く、

 

 

「このくらいでへこたれる嫁ではないだろう」と

 

 

父は天国から優しく言っているそうだ。

 

へこたれません!

 

やるべきことが、たくさんあります!

 

 

レシピやエピソードがたくさん載っています💕

 

出典:小林麻央 公式オフィシャルブログ「kokoro」

 

 

 

どんな本なのでしょうか。

 

 

探したら、売っていました。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

成田屋の食卓 [ 堀越 希実子 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/1/27時点)

 

 

 

また、市川海老蔵さんも子供たちの世話をしっかりされている様子がブログから伝わってきます。

 

 

仕事もばりばりこなしながらも、良きパパをされているんですね。

 

 

また、市川海老蔵さんの妹の市川ぼたんさんも育児を手伝っているそうです

 

 

出典:http://ebizo-ichikawa.com

 

 

市川ぼたんさんは2歳年下の妹さんになります。

 

 

堀越智栄子(ほりこし ちえこ)が本名です。

 

 

3代目の市川ぼたんを襲名されています。

 

 

キリっとした瞳が印象に残りますよね。

 

 

市川海老蔵さんとはとても仲が良いそうです。

 

 

兄妹が助け合って、今の試練を乗り越えようとされているのですね。

 

 

素晴らしき兄と妹の関係ですね。

 

 

家族全員で小林麻央さんを支えているのが伝わってきます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

いつから?姉の麗禾ちゃんの顔だしNGになった理由は?

出典:小林麻央 公式オフィシャルブログ「kokoro」

 

 

さて、気がづいたら麗禾ちゃんの顔だしがいつのまにかNGになっていたことは知っていますでしょうか。

 

 

ブログ上では、最近は、いつも麗禾ちゃんの写真だけ、顔が隠れていますよね。

 

 

思い返すと、麗禾ちゃんが生まれたころは、しばらく海老蔵さんは麗禾ちゃんの素顔をブログやテレビの密着ドキュメンタリー番組で公開していました。

 

 

今は、写真にスタンプやらくがき加工をして麗禾ちゃんの顔をわからないようにしています。

 

 

これは、麗禾ちゃんが将来、「芸能人の道」へ進むのか、「一般人」として人生を歩んでいくのかは、麗禾ちゃんに選択肢があるとして、海老蔵さんの考えで「顔を出すのはNG」としたそうです。

 

 

「子供の今後の将来」のことを考えた海老蔵さんの親ごころがわかりますね。

 

 

子供達(勧玄くん、麗禾ちゃん)のママへの振る舞いがとってもかわいい!!

 さて、闘病中の小林麻央さんですが、そんな小林麻央さんを元気づけようと勧玄くんと麗禾ちゃんはさまざまなプレゼントをママの小林麻央さんにしています。

 

 

子供達からのプレゼント いちょうのお花

 

 

出典:小林麻央 公式オフィシャルブログ「kokoro」

 

 

12月8日のブログでは、勧玄くんと麗禾ちゃんがいちょうの落ち葉を集めて、いちょうのお花のかたちにしてママである小林麻央さんにあげていました。

 

 

いちょうの花言葉は「長寿」です。

 

 

いちょうは樹木としては、樹齢1000年以上のものもあります。

 

 

いちょうの花言葉を子供たちはそのことをわかっていたかどうかはわかりませんが、ママを想って作ったことはまちがいないですね。

 

 

小林麻央さんも子供達からのそんな贈り物にとっても嬉しかったのではないでしょうか。

 

 

子供達からのプレゼント 巨大なキャンディー(^^)

 

 

出典:小林麻央 公式オフィシャルブログ「kokoro」

 

 

勧玄くんが作った巨大キャンディーです。

 

 

くまモンの「折り紙」の中に「ティッシュ」を包んだ巨大キャンディーです。

 

 

 

 

なんと!このティッシュの中には、「丸い発砲スチロール」が入っていて、「形を崩さない」ように工夫されているキャンディーです。

 

 

考えて作ってくれた感じが伝わってとってもいいですね!!!

 

 

子供達がつくったプレゼント クッキー

 

 

最後は勧玄くんと麗禾ちゃんで作った手作りクッキーです。

 

 

幼稚園の行事用に作られたとのことですが、おそらくママの小林麻央さんにももって行かれたことが予想されますね。

 

 

とってもかわいい形のクッキーで美味しそうです(*^。^*)

 

まとめ 

小林麻央さんの子供には現在、3歳となる勧玄くんと5歳になる麗禾ちゃんの2人の子供がいます。

 

 

気になる子供たちの世話については、小林麻央さんが入院されているときや、大変な時期は、市川海老蔵さんの母親である堀越希実子さんや市川海老蔵さんの妹である市川ぼたんさん達が協力をされているようです

 

 

次に、小林麻央さんの子供たち(勧玄くんと麗禾ちゃん)の名まえの由来についてまとめますと、

 

 

勧玄くんの名まえの由来は、まず『ん』という文字をいれたかったこと、九星から、誕生月の守護神が「玄武」であることから『玄』を入れられました。

 

 

また勧進帳という歌舞伎の演目が初代市川團十郎の原型でもあります勧進帳の「勧」の字を入れたかったとから、3つの想いを一緒にされて「勧玄」と名付けられました。

 

 

麗禾ちゃんの名まえの由来は、はっきりしたことはわかりません。

 

 

ただ漢字から想像できるものとして、美しく、稲穂のように立派に成長し、子供の将来や繁栄を願ってつけられた名まえではないかと考えられます

 

 

また、勧玄くんや麗禾ちゃんの子供たちが作る「長寿を願う」いちょうの花や工夫がこなされた「巨大キャンディー」、おいしい手作りクッキーなど、ママである小林麻央さんを想って作られたプレゼントは心が温まります(^_^)。

 

 

まだまだ闘病生活が続くことが予想されますが、ゆっくりかもしれませんが、病気からの一歩一歩の回復を心から願っていたいと思います。

 

 

本日、23日小林麻央さんがご逝去されました。

 

 

最後まで癌の陰に隠れずに生きてこられた小林麻央さんは、最高のママであり、芯の強い立派な女性です!

 

 

これからは、ゆっくりと天国で、癌から解放された身体で、勧玄くんや麗禾ちゃんを見守りながら、天使の輪をつけて、天の世界で笑顔いっぱいに生きていかれることをお祈りいたします。

 

 

今までの癌の苦しい闘病生活、最後の最後まであなたは頑張られました。小林麻央さん、『あなたは最後まで癌と闘った強い母親です。最高のママです!』

 

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です