【香澄が!?】ドラマ『明日の約束』第6話のあらすじや視聴率とみんなの感想は?

ドラマ『明日の約束』第6話が2017年11月21日に放送されました。

バスケ部の顧問の辻(神尾佑)や大翔(金子大地)を襲った犯人が明らかになります。

今日はドラマ『明日の約束』第6話の視聴率やみんなの感想や筆者が感じた感想や第7話のあらすじを紹介します。

もしよかったらご覧ください。

 

[ad#ad-1

ドラマ『明日の約束』第6話のあらすじは?

1年生のバスケ部員・圭吾(遠藤健慎)が不登校の末に謎の死を遂げた。

日向(井上真央)がスクールカウンセラーを務める椿が丘高校は、イジメによる自殺だと連日マスコミから激しいバッシングを浴び、さらに圭吾の母・真紀子(仲間由紀恵)がバスケ部内の暴力を告発したことで、騒ぎは日に日に大きくなっていく。

 

そんななか、亡くなった圭吾がたばこを吸っていた先輩部員の大翔(金子大地)を脅迫していたことを知った日向。

温和な性格の圭吾がなぜ――日向は脅迫が本人の意思ではなく、真紀子の指示だったのではないかと疑うが、圭吾の担任の霧島(及川光博)は、事態を穏便に収めるため、憶測で騒ぎ立てないよう日向にくぎを刺す。

 

ところがその矢先、真紀子が「一度、2人きりで話がしたかった」と、突然日向の前に現れる。

真紀子は、不登校を理由にたびたび圭吾に接触していた日向にも死の原因があると怒りを露わにし、訴訟の準備を進めていると告げるのだった。

 

その頃、学校では大翔が何者かに襲われ重傷を負っていた。

バスケ部顧問の辻(神尾佑)に続き、またも起きた悲劇――。

変わり果てた大翔を最初に発見した希美香(山口まゆ)は、現場から逃げていく犯人らしき人物を見たと話し、その証言を聞いた日向の脳裏には、ある人物の顔が浮かぶ。

 

一方、日向は恋人・本庄(工藤阿須加)から、プロポーズを受けたものの、そこで脳裏をよぎったのは母・尚子(手塚理美)の表情。

間もなくして、日向は意を決して尚子に結婚話を告げることに…。

ここから娘と母との関係に変化の兆しが見えてくる。

出典:https://www.ktv.jp/yakusoku/story/06.html

 

ドラマ『明日の約束』第6話の視聴率は?

さて、気になるドラマ『明日の約束』第6話の視聴率はどうだったのでしょうか。

結果は4.6%でした。

5%を下回ってしまいました。

不思議でなりません。

なぜ、こんなにも考えさせられるドラマなのに、こんなに視聴者が少ないのか不思議な感じです。

真面目なドラマ過ぎなのでしょうか。

いやそんなことはないと思います。

“現実で実際に起こりうる”いじめ、親との軋轢、家族内崩壊、非行など身近な問題が盛り込まれていて、自分がそのドラマの中にいる感じになります。

いろいろ考えさせられるドラマですし、私は好きなドラマです。

ドラマ『明日の約束』第6話のみんなの感想は

視聴率が低いことで苦戦を感じるところはありますが、おもしろい、なんで視聴率低いんだろうなどもコメントが出ています。

私もそう思います。

視聴率が悪いのが謎なくらい“おもしろい”ドラマですし、次の展開が気になる演出がまた視聴者を惹きつけてくれています。

どんどん明らかになっていく真実と、また新たに出てくる謎のミックスがなんともいえないです。

また次回が楽しみですね。

スポンサーリンク

 

ドラマ『明日の約束』第6話の私の感想。

それではドラマ『明日の約束』第6話の私の感想を紹介します。

かなりのネタバレになりますので、気になる人は読み飛ばしちゃってください。

母娘だけが知る真実

まだ高校生だった頃、神社の階段から落ちた日向(井上真央)を守ろうとして母・尚子(手塚理美)の左手は不自由になってしまい、そのことに負い目を感じているからこそ、日向は毒親である尚子の元を離れられないのかと思っていましたが、真実にはもっと根深いものがあったようですね。

 

まさか、日向が尚子を階段から突き落とそうとしていたとは・・・

今でこそ立派なスクールカウンセラーの日向ですけど、その当時は思春期真っ只中の高校生。

「ママの理想の娘」からはみ出すことを日々、考えていたんだと思います。

ですが結局、尚子の「理想」からはみ出すことはできなかった・・・というより諦めてしまったのが現在の2人の関係性なんでしょうね。

大人になったと言えば聞こえはいいですけど、毒親とのつきあい方を日向なりに学んだ結果なんだろうな、と感じました。

 

香澄(佐久間由衣)を駆り立てるものとは

亡くなった圭吾(遠藤健慎)の幼なじみである香澄(佐久間由衣)が言った「圭吾のおかげで・・・」の意味がようやく明らかになりましたね。

香澄をいじめてた女生徒を香澄の代わりに圭吾が仇討ちをした。

圭吾が家出をしていた日とも重なります。

 

このドラマはストーリーがしっかり書かれているので、話の辻褄が合ってくると徐々にキャラクターに深みが出てきて、とても見応えがありますよね。

バスケ部顧問や大翔(金子大地)を”襲撃したのは、今は亡き圭吾に捧げるせめてもの恩返し。

しかし、香澄が圭吾のために復讐をする「あと1人・・・」とは一体誰のことなのでしょうか?

それとも最後の1人とは香澄自身の復讐の相手なのか?

ここにきて怪しい人物が次から次へと出てきているので、これに関しては先が全く読めませんし、

来週が待ち遠しいです。

 

吉岡家の闇の深さは、いつから・・・

「母親にとって子どもの存在は人生のすべて」とまで言い切った、圭吾の母・真紀子(仲間由紀恵)ですが、圭吾とその妹である英美里(竹内愛紗)との扱いの差は、いつからこうだったのかが大変気になるところです。

すでに圭吾の中学時代からモンスターペアレントと呼ばれ、学校側や圭吾の友達からも“ヤバい母親”として見られていたわけですから、年頃の圭吾の性格に多大な影響を与えたでしょうね。

また、妹の英美里には教師たちが拍子抜けするぐらい無関心なのが、怖さを感じさせます。

でも、個人的に一番怖いと思ったのは、教師も生徒もネット掲示板の見過ぎのところですかね。

あれ誰が見ても見過ぎに思えるレベルだと思います(笑)

今の時代をよく表してるなと思いましたね。

どこでもネットをスマホやPCで見まくる時代になりましたね。

筆者もよく見てしまいます。

そんな現実感の溢れるドラマで、共感部分が多くておもしろいです。

続きが早く見たいですね。

 

ドラマ『明日の約束』第7話の予告動画は?

出典:Youtube(公式サイト)

不登校が続いていた1年生のバスケ部員・圭吾(遠藤健慎)が謎の死を遂げた。

以来、学校とバスケ部にはイジメによる自殺ではないかと非難の声が殺到。

圭吾の母・真紀子(仲間由紀恵)も敵意をあらわにし、学校や担任教師の霧島(及川光博)、スクールカウンセラーの日向(井上真央)相手に訴訟を起こすと宣戦布告する。

 

そんななか、バスケ部顧問の辻(神尾佑)とキャプテンの大翔(金子大地)が立て続けに襲われた。

犯人らしき人物を見たという話を生徒から聞いた日向は、犯人が圭吾の幼なじみで、2年前に学校を辞めた香澄(佐久間由衣)だと気付く。

実は退学後、香澄は自分をいじめた人間に復讐をしようと考えていたが、計画を知った圭吾が代わりに実行してくれたのだという。

だから今度は、自分が圭吾に代わって復讐を――。

日向は罪を認めた香澄を説得するが、香澄は「まだやることがある」と言い残して行方をくらませてしまう。

 

数日後、香澄のことを知った記者の小嶋(青柳翔)が日向の前に姿を現す。

小嶋は、香澄が最後に真紀子を狙うのではないかとにらんでいた。

それもそのはず、ネット上には真紀子が毒親であることや、そのせいで圭吾が自殺したと悪評の数々が書き込まれていたのだ。

当然、それらの中傷は本人の目にもとまり、怒りを覚えた真紀子は早速弁護士に相談する。

 

一方、結婚のあいさつをするため本庄(工藤阿須加)の実家を訪ねた日向は、そこで初めて本庄に兄がいて、11年前に事故で亡くなったことを知る。

さらに、結婚を機に毒親である母・尚子(手塚理美)と自分の関係をなんとか修復させようと意気込む本庄に、うまく本心を伝えられない日向。

家では、尚子が何度か会ううちに本庄のアラが見えてきたと言い出し、「ああいうタイプには気をつけた方がいい」と苦言を呈して…。

出典:https://www.ktv.jp/yakusoku/story/07.html

 

ドラマ『明日の約束』第6話の感想、視聴率、あらすじのまとめ

ドラマ『明日の約束』第6話のみんなと筆者の感想と視聴率、第7話のあらすじのまとめでした。

バスケ部の顧問である辻(神尾佑)やキャプテンの大翔(金子大地)を襲ったのは圭吾(遠藤健慎)の幼馴染みの香澄(佐久間由衣)でした。

香澄(佐久間由衣)が狙っている『あと一人』とはいったい誰のことなのでしょうか。

香澄(佐久間由衣)が復讐する相手は真紀子(仲間由紀恵)それとも、霧島(及川光博) なのでしょうか。

第7話も早く見たいですね。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です