本当はドラマどころではない!?星野源の病気の再発が心配?その後の後遺症は?予防のためのポイントは?

さて、逃げ恥で大ブレーク中の星野源さんですが、皆さん、忘れてはいませんか?星野源さんが一時期、病気で活動休止されていたことを・・・。

 

 

その病気の後遺症とかないのでしょうか。これだけ大活躍されている星野源さんのことが心配になりましたので、その病気の後遺症などを調べてみました。

 

 

私の仕事が普段は医療関係のお仕事をしておりますので、病気や治療について、微々たるものですが、お役に立てる情報をお伝えできると思います。

 

 

ではどうぞ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

そもそも星野源を突如、襲った病気はなんなのか?

星野源さんがこの病気になられたのは4年前の2012年12月22日になります。突然経つこともままならないほどの状態に、救急車で緊急搬送されたとのことです。そのときに診断がつけられたのが、脳出血の代表疾患の1つであるくも膜下出血だったそうです。

 

 

脳の血管の中でも、脳の表面をおおっている膜のひとつである「くも膜」の下に出血をきたす病気となります。イメージしていただきたいのですが、脳の表面の膜(くも膜)と脳との間に空間が存在し、そこに比較的太い栄養血管があります。

 

 

この栄養血管が切れるとくも膜下出血となります。

 

 

突如襲ってきます!星野源の病気:くも膜下出血の症状とは?

くも膜下出血の症状は他の脳梗塞などと違い、とても特徴的な症状が起こります。有名な話ではありますが、よくいわれるものとしては、「激しい頭痛」となります。

 

 

ほとんどの方が、出血した瞬間に、「突然の、今まで経験したこともないような、金属バットで殴られたかのような頭痛」に襲われるのです。

 

 

なぜ出血で激しい頭痛を感じるかというと、脳を保護している膜に痛みを感じるはたらきがあり、くも膜下で出血した血流が、その膜を刺激することで激しい痛みを感じるようになります。

 

 

出血の程度にもよりますが、激しい頭痛とともに、ひどく吐いたり、意識を失うこともあります

 

 

もし、目の前に、激しい頭痛を訴え、倒れ込んだ人がいたら。すぐに救急車は呼んでください!!!

 

 

星野源さんも、突然の激しい頭痛に襲われ立ってもいられない状態になったことから、くも膜下出血の典型的な症状が起きたことが推察されますね。

 

くも膜下出血後の食生活の注意点は?

基本的には、脳への負担が少ない食事が求められます。食事によってストレスが溜まらないようにすることが大事となります。もし高血圧などがある人の場合は塩分をとりすぎないことですね。

 

 

治療も終え、しばらく症状が出ていないから、安心ということはなく、できる範囲で脳への負荷を与えない方が、望ましいといえます。

 

 

スポンサーリンク

 

冬場に特に気を付けないといけないことは

実はお風呂に入ることは、冬場は特に気を付けた方がよいとされています。なぜなら寒いところから温かい風呂に入ることで血圧の変動も激しく、非常に上昇する人もいるからです。そうすると、脳血管が異常なまでに負担がかかり、再発し、風呂場で倒れて発見される事例もありますので、冬場のお風呂には特に注意してください。

 

 

それを防止する上で有効なのが、かけ湯をすることです。これが一番効果がある方法とも言われています。

 

再発の可能性はどれくらい?

さて、さまざまな調査がでていますが、このくも膜下出血の再発率はどれくらいなのでしょうか。

 

 

大体1年くらいで30~60%は再発すると言われています。10年以内には80%は再発すると言われています。

 

 

特に高齢者は要注意です。70歳以上の場合に手術が成功しても、5年以内に30%は自立した生活が送れなくなるといったデータも出ております。

 

 

したがいまして、一度、くも膜下出血という病気になられた場合、治療後も定期的な健診が必要とされています。

 

 

まあ星野源さんは結局は2度に渡って、くも膜下出血の手術をされ長期療養を余儀なくされました。当の本人からすれば、二度とこのようなことが起こすわけにはいかないと思われていることでしょう。

 

 

ですので、ご本人としては再発リスクの高いくも膜下出血にならないためにも、人並み以上に健診を受けられているものと予想されます。

 

病気:くも膜下出血の後遺症は?

くも膜下出血の的な後遺症としては、片麻痺、半身麻痺があります。星野源さんの場合はどうだったのでしょうか。

星野源さんのくも膜下出血は2度の手術により治療されました。致死率も30%と高い疾患でもあります。たとえ死なずにすんでも、そのうちの2人の1人は障害(言語障害などの後遺症)が残ると言われています。つまり何も障害がない人は3人に1人ということになります。

 

 

3人のうち1人が亡くなり、1人が障害となり、1人が元の状態に戻れるといったところですね。

 

 

果たして星野源さんの場合はどうだったのでしょうか。結論から申しますと、幸いにも星野源さんはくも膜下出血の後遺症はほとんどないようです。2016年12月の時点でも、とくに後遺症に悩まされているといった話はないみたいですね。大変な病気に見舞われましたが、無事に社会復帰を遂げられていて、本当に良かったですね!

 

まとめ

逃げ恥で大活躍中の星野源さんですが、ふと以前、大病に見舞われた星野源さん。くも膜下出血になられてから4年が経過し、現状は大丈夫なのかと心配して調べてみましたが、現在の状況からすると後遺症も残ることもなく、病気になる前にほぼ近い状況でお仕事ができているようですね

 

 

とはいうものの、このくも膜下出血は10年以内の再発率は80%と高い病気とも言われています。星野源さん自体、もちろん二度とくも膜下出血になりたくないと思われていると思われますが、脳への負担が大きいと再発しやすい特徴のある病気でもあります。

 

 

才能あふれる星野源さんだけに、さまざまなアイデアが脳への負担にならないとも限りません。どうか、今後も再発されないことを節に願いながらも今後も活躍されることを期待したいと思います。

 

 

今後もますます星野源さんの活躍に目が離せません!!!

 

 

スポンサーリンク



 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です