ますます話題の人に!星野源の超人気曲「SUN」(太陽)の歌詞に込められた秘めた想いは?

星野源さんの曲って、なぜか魅かれますよね。声に特徴があるというか、リズムやテンポにも引き込まれるというか、落ち着いた低い声だけど、高い声を出されて歌われているんですよね。

 

 

そんな中、星野源さんの8枚目のシングル「SUN」について今日は伝えていきたいと思います。前作から1年の間があいての{SUN}ですが、ドラマ「心がポキっとね」(2015年4月~6月)の主題歌にもなりましたね。

 

 

熱い軽快なダンスサウンドの「SUN」の魅力を探りたいとおもいます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

「SUN」の歌詞はこちらです。

 

作詞:星野源、作曲:星野源

 

Baby 壊れそうな夜が明けて

空は晴れたよう

Ready 頬には小川流れ

鳥は歌い

 

何か 楽しいことが起きるような

幻想が弾ける

 

君の声を聞かせて

雲をよけ世界照らすような

君の声を聞かせて

遠い所も 雨の中も

すべては思い通り

 

Ah Ah

 

Baby その色を変えていけ

星に近づいて

Hey J いつでもただ一人で

歌い踊り

 

何か 悲しいことが起きるたび

あのスネアが弾ける

 

君の声を聞かせて

雲をよけ世界照らすような

君の声を聞かせて

遠い所も 雨の中も

すべて同じ陽が

 

祈り届くなら

安らかな場所にいてよ

僕たちはいつか終わるから

踊る いま

 

いま

 

君の声を聞かせて

雲をよけ世界照らすような

君の声を聞かせて

遠い所も 雨だって

 

君の歌を聴かせて

澄み渡り世界救うような

君の歌を聴かせて

深い闇でも 月の上も

すべては思い通り

 

Ah Ah

 

とてもいい曲だな。

 

 

MUSIC VIDEO【PV】が見たい。SUNを聴きたい!

出典:You Tube

 

やわらかい歌声の中に、つつみこんでくれる優しさを感じる曲ですよね。聴いてて気持ちいいです。

 

 

MUSIC VIDEO(PV)に登場しているキレイな女性は誰なの?

出典:Instagram Search Engine

 

さて、「SUN」のMUSIC VIDEO(PV)の途中から登場される、あのキレイな女性は誰なのでしょうか。

 

 

一目見たときから、鼻筋がスっとされたキレイな方だなとおもいましたが、PVをみていて気になった人もいたのではないでしょうか。

 

 

あのキレイな女性は「脇坂江梨沙さん」といい、「ELVEN PLAY」というダンスグループのメンバーの1人になります。

 

 

PVの中では星野源さんと息の合った同じ動作をされていて、コミカルな動きの中にもキレのある振付けをされていて、かっこよさもあり、つい見とれてしまいましたね。

 

 

脇坂江梨沙さんが序盤から中盤にかけて登場されますが、後半の終わりのころにも、脇坂江梨沙さんと似たおかっぱの髪型をされた女性たちが星野源さんの周囲を囲んで踊っていますよね

 

 

彼女たちも「ELVEN PLAY」のメンバーなんですね。「ELVEN PLAY」とはいったいどのようなダンスグループなのでしょうか。

 

 

気になったので調べてみました。

 

 

PVに出演されているELVEN PLAYとはどんなダンスグループなの?

 

出典:ハミーツ

 

 

出典: デジタルコシカワールド

 

 

調べてみてわかったのですが、このELVEN PLAYは、あのドラマ「逃げ恥」の星野源さんの今年の超話題曲の「恋」にも登場されていたダンスグループなんですね。

 

 

ELVEN PLAYのダンスグループは、Perfumeの振りつけを手掛けているMIKIKOさんと、ダンサー&振付をされているTomomi Yoshimuraさんが立ち上げたグループになります。

 

 

Perfumeの振りつけを普段から手掛けているということから、あのキレのあるダンスができるのは、容易に納得いきますね。

 

 

たしかに「SUN」のPVでの、キレのある、息の合った、軽快なダンスはPerfumeのマッチしたダンスと共通している部分を感じるところありますよね。

 

 

ELVEN PLAYは星野源さんの「SUN」にも、逃げ恥のテーマソング「恋」にも登場されていることから、星野源さんとは深い関係のあるダンスグループということが判明しました。

 

 

たしかにキレのあるダンスに共通点を感じますね。「SUN」も「恋」のどちらもELVEN PLAYのダンサーさんだったんですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

「SUN」の発売はいつだったの?

2015年5月27日にリリースです。8枚目の待望のシングルでしたね。

 

1年間の期間を経てからのシングル曲ということで、ファンも待望した曲となりましたね。

 

 

「SUN」は星野源さんのどのような想いで作られた曲なのか?

星野源さんの曲は、オールナイトニッポンなどで曲への「想い」が紹介されることがありますが、今回も「SUN」に込めた想いについて語られたときがありましたので、お伝えします。

 

 

「SUN」という曲に込められた深い想いについて

 

 

「SUN」のイメージについて星野源さんは次のように語られています。

 

 

壊れそうになりながらも必死に生きる人々が、すべてを忘れて楽しく踊りまくる姿を想像しながら作りました

 

 

また次のようにも続けられています。

 

 

日常の厳しさとか、それを受け入れて進んでいこうっていうことって初期準備なんじゃないかと。あえて言わなくてもみんな頑張って生きているぞと。

 

 

自分も倒れた(くも膜下出血で一時は活動中止されていた)こともあって、もう確信に変わったんですよね。「やっぱり全部そうだったわ」と。

 

 

生きるとか死ぬっていうことに対しての感覚、やっぱり俺は全部合っていた。もう否応もなく明るい生命力ってなんだろうって思った時に、それは太陽だったんですよ!」

 

 

生きるか死ぬかの体験をされたことで辿り着かれた誰もが実感できる明るい生命体が「太陽」なんだとはっきりと気づかれたことで、このSUN」という素晴らしい曲がうまれました

 

 

そして強い生命体の「SUN」を感じながら、次のように続けられました。

 

 

「俺たちはひとりだろ!このやろう」っていうのはもう終わった。というか、それはもういいじゃないかと。

 

 

ひとりだからこそ、手を取り合っていこうよっていう段階に自分も来れたんだと思うんですよ。だから“君の声を聞かせて”っていう、必要なんだ、もうわかったから一緒にいようっていう、ただそういう感じなんですよね」

 

 

死を意識するような辛い体験(くも膜下出血)をされたことで、孤独を感じられ、でもその辛い時期を乗り越えるために、悟られたこと、死ぬときは孤独だからこそ、今、手を取り合って一緒に過ごそうっていう気持ちになられたということでね。

 

 

死という場面の近くにいないと出てこないような、深い体験をされたことが伝わってきます。

 

 

そんない強い想いが込められた渾身の1曲が「SUN」なんですね。

 

 

まとめ

星野源さんの曲を、知れば知るほど、どんどん惹き込まれていきますね。

 

 

MUSIC VIDEO(PV)も、星野源さんのユニークな演出にどの曲もいつも魅かれます

 

 

今回のPVで現れる謎の美人女性は脇坂江梨沙さんで、ELVEN PLAYというPefumeの振りつけをプロデュースされているMIKIKOさんが立ち上げたダンスグループのメンバーでした。

 

 

キレイな可愛い女性だなと気になった人もいたのではないでしょうか。

 

 

ドラマ逃げ恥の「恋」のPVにも登場されていたダンスグループと一緒だったんですね。

 

 

またユニークな演出が盛りだくさんの「SUN」の曲ですが、星野源さんの強い、そして深みのある想いが込められた1曲となります。

 

 

以前、くも膜下出血に罹った星野源さんの辛い経験から、人間は結局は孤独であることを悟られました

 

 

そして、だからこそ大事な人と一緒に過ごすことの大切な時間気づかれた星野源さんは、「SUN]という曲を作られ、私たちに、人とのつながりの大切さを「SUN]で伝えてくれました。

 

 

星野源さんの人気曲の代表曲になっている「SUN」はこれからも、私たちを明るくしてくれます。これからも仕事などで落ち込んだときや、孤独を感じたときなどに是非聴きたい1曲にしたいですね!

 

星野源さん!これからもますますご活躍してくださいね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です