【彼女へのせつない恋心】FNS祭でTV初披露!星野源の名曲!「くせのうた」の歌詞に込められた想いと意味とは?

年末に星野源さんがFNS歌謡祭でなんと名曲「くせのうた」をTVで初披露してくださいました。

 

 

ファンからすればたまらなく嬉しかったことかと思われます。

 

 

なんてったって、今のように星野源さんに人気が出る前に、作られた名曲ですからね。

 

 

「恋」や「SUN」のイメージで明るい曲を歌っている星野源さんとは違った印象を感じた視聴者も多かったのではないでしょうか。

 

 

そんな星野源さんの名曲「くせのうた」について今日は調べてみました。

 

 

もしよかったらご覧ください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

星野源さんの「くせのうた」はこちら

「くせのうた」のPV(MUSIC VIDEO)はこちらになります。

 

 

では、どうぞ。

 

 

出典:YouTube

 

 

いい曲ですね。

 

 

惹かれる曲です。

 

 

この曲は星野源さんの1stアルバム「ばかのうた」に収録されています。

 

 

多くのファンにとってこの「くせのうた」や「くだらない中に」は、デビューしたころの曲の中でも人気があります。

 

 

そしてファンからすれば星野源さんを最近、ドラマなどで関心を持たれた人達にぜひ聴いてほしい曲なんですねですね。

 

 

逃げ恥のドラマにより人気が沸騰した星野源さんの知られていない一面をもっと広めたいなと思っているファンは多いです!

 

 

くせのうたの歌詞は?

これより「くせのうた」の歌詞を紹介します。

 

 

歌詞はこちらになります。

 

 

好きな人の癖を夜中もずっと考えている星野源さんの姿が浮かびますね。

 

 

よほど彼女のこと好きでしょうがなかったのでしょうね。

 

 

くせのうたの込められた想いと歌詞の意味とは?

歌詞からも、おわかりのようにこの「くせのうた」は恋心を唄った曲になります。

 

 

とても好きな彼女への想いをつづった、せつないLOVE SONGです。

 

 

彼女と過ごす日々を、1人になったときに回想する姿がなんとも惚れている様子として、とても伝わってきますね。

 

 

「思い出して眠れずに、夜を明かした日のことも・・・」

 

 

どれくらいの頻度で彼女と会っていたのか歌詞にはありません。

 

 

ただ彼女と離れたら、彼女のことが頭から離れずにずっと彼女のことを考えて続けている様子が伝わってきますね。

 

 

めちゃめちゃ惚れてた様子が伝わってきます。

 

 

「寂しいと叫ぶには、僕はあまりにくだらない」

 

 

彼女のことを気遣い、気持ちが重くならないように我慢している心情が伝わってきます。

 

 

とても優しい人なんでしょうね。

 

 

歌詞で想像する彼氏が果たして星野源さんご本人なのかどうかははっきりとわかりません。

 

 

しかし、おそらく彼氏は、星野源さんご本人であり、ご自身の過去の恋愛歴を唄われているのではないかと感じています。

 

しんみりとした、心に残る名曲ですよね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

FNS歌謡祭でくせのうたを歌われたのはなぜ?

今回のFNS歌謡祭で星野源さんは「恋」と「くせのうた」の2曲を唄われました。

 

 

星野源さんをドラマ逃げ恥から知った人は、なぜ「恋」とは全然、雰囲気のかけ離れた「くせのうた」を唄うのかと思われた人も、ひょっとしたら、いたかもしれません。

 

 

曲調が全然違いますからね。

 

 

ただ「くせのうた」を聴いてみていかがでしたでしょうか。

 

 

星野源さんのこれまでのイメージとは違った星野源さんを感じられたのではないでしょうか。

 

 

このFNS歌謡祭後の星野源さんへの反響はつぎのとおりです。

最高でした!!!!!!!!!!!\( ‘ω’)/ウオオオオオオアアアアアアアアアアアアアーーーーーッッッッ!!!!!

 

大人な曲ですね。グッときます。

 

まさかFNSでくせのうた歌ってくれるとはなぁ 昔と今曲調はガラリと変わったけどどっちの星野源も俺は好きだよ

 

歌謡祭から来ました。こんな惹かれる曲も歌ってたんですね。 アルバム買いたい!!

 

源さんの魅力のひとつですが、歌詞がいつも絶妙な表現でグッときます。「くせのうた」もそのひとつですよね^_^

 

テレビ初お披露目、おめでとう! 源さん!!最高だぜ!!

 

出典:YouTube「くせのうた」、Yahoo!JAPAN

 

 

とても反響だったことが伝わってきますね。

 

 

なぜ星野源さんがFNS歌謡祭でくせのうたを唄われたかを調べてみました。

 

 

ご本人がラジオでその理由を明かしていました。

 

 

どうやらFNS歌謡祭の番組制作側から「(曲は)何を唄ってもいい」といわれていたそうです。

 

 

『今とデビューをつなぐ』と星野源さんは意気込んでいました。

 

 

今回のFNSではドラマをきっかけで星野源さんはとても注目されるようになりました。

 

 

これまで星野源さんを知っていた人、そして今回、初めて知った人に「僕は、こんな人間です。僕のことをもっともっと知ってほしい!」

 

そんな気持ちで歌われたようです。ね

 

 

まとめ

FNS歌謡祭で唄われた「くせのうた」は昔ながらのファンにとってはたまらない1曲となりました。

 

 

星野源さんのことをドラマ逃げ恥から知られた人達にとって、これまでの明るいイメージと違った星野源さんの一面を感じたのではないでしょうか。

 

 

こんなにも注目されるようになって今とデビューをつなぎたい」という星野源さんの強い想いが伝わったFNS歌謡祭でしたね。

 

 

昔ながらのファンにとって「くせのうた」は名曲です。

 

 

星野源さんにますます魅かれていくことになるのが、あらためてわかりました。

 

 

星野源さん、これからも、もっともっといい曲を作ってください!

 

 

待ってます!!!

 

 

スポンサーリンク

 

 </p

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です