ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』の第7話のあらすじと第6話の感想と口コミは?

スポンサーリンク

第6話は、スナックの人を殺してしまった人や、その事件に関係のある人たちの今後を心配せずにはいられないほど、悲しい事件でした。

特に、誘拐された赤ちゃん・ユウと、そのお父さんがとても気の毒です。

そんな6話でしたが、次回第7話からは、新章へ突入します。

急展開へと加速する第7話は、2月11日夜9時放送予定です。

今回はそんな第7話のあらすじや、6話の視聴者のみなさまのお声をご紹介します。

 

スポンサーリンク

ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』第7話のあらすじは?

https://twitter.com/Trace_Kasouken/status/1092413929085517824

真野(錦戸 亮)のもとに、「君のお兄さんのことで話がある」という正体不明の男からの電話があった。

真野は、指定された場所で男を待ち続けた。

だが、そこには誰も現れなかった。

 

そんな折、河川敷でホームレス男性の変死体が発見される。

被害者は新妻大介。

高校3年生のときに失踪して以来行方不明だった男で、捜索願も出されていた。

死因は溺死だったが、肺や喉、鼻の奥には液体が残っていたものの、体には濡れた痕跡はなかった。

また、現場には血液のようなものが付着した軍手も落ちていた。

虎丸(船越英一郎)たちは、科捜研の海塚(小雪)に、遺体から採取した液体と軍手の検査を頼むとともに、臨場を依頼する。

海塚は、それを英里(岡崎紗絵)に任せようとした。

しかし、現場がホームレスのたまり場ということもあって若い女性ではない方が良い、という沖田(加藤虎ノ介)らの意見もあり、真野が担当することになる。

そこに、何故かノンナ(新木優子)も加わることになってしまい…。

 

鑑定の結果、液体は水道水で鉄の錆と思われる成分が検出された。

一方、軍手にはいくつかの小さな穴が開いており、男性ひとり、女性ふたりの古い血液が付着していたが、データベースで照合しても身元は不明だった。

また、軍手の内側から検出された皮膚片は、DNA鑑定の結果、被害者とは別の人物のものだった。

 

臨場に向かった真野たちは、現場付近の水道から水を採取する。

するとそこに、早川尚文(萩原聖人)が献花を持って現れた。

早川は、新妻の高校時代の担任なのだという。

虎丸は、新妻が失踪した理由を早川に尋ねた。

そこで早川は、新妻の友人が家族を刺殺して自殺したことにショックを受けていた、と話す。

それは、25年前、真野の家族が殺された『武蔵野一家殺人事件』のことだった――。

出典:公式サイト

今回起きた事件をきっかけに、真野がいよいよ自分の過去と向き合う日が来ました。

そのための、重大なキーワードが隠されているようです。

真野あてに電話をかけてきた謎の男の存在

今回の被害者・新妻の友人の自殺

今回の事件と真野の家族の事件との間には、一体どんな因果関係があるのでしょうか。

 

ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』の第7話の予告動画は?

これまで部下たちを見守る立ち位置だった海塚が、実は真野の家族が殺された事件のことを知っていたようですね。

彼女が真野に、答えにたどり着くことが不可能と言ってしまうような真実とは一体?

果たして真野は、次々と襲ってくるであろう困難に、打ち勝つことができるでしょうか。

 

スポンサーリンク

ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』の第6話の口コミ評判は?評価は?期待の声は?

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

舞香出演したドラマ。トレース📺レポ。 もうこのシーンがすべてだよね。まだまだ成長できるけどこれぞ今の女優。山本舞香!って感じ✨表情に演技力。台詞の間。細かい仕草抜群!👍 普通に見えるけどこれは努力を積み重ねた、舞香にしかできない表情だし難しい役柄を見事に演じて台詞が無いシーンでも気持ち凄く伝わってきたし表情だけで泣かされたわ😂 何回も繰り返して見てる😢 最後の笑顔も良き😊明るい役も好きだけど、こう言う役柄とかアクションしてる舞香が好きだな☺ 嬉しい嬉しい月9デビューおめでと!✨👏 #山本舞香 #トレース

北海道の 「あらしっち」さん(@arashitsuchi0207)がシェアした投稿 –

https://twitter.com/Mayu577/status/1092767786877706240

真野から休みの日のお誘いを受けて、てっきりデートだと思いとても張り切っていたノンナがちょっと可哀想でしたね(T_T)真野にとってはあくまで仕事を手伝ってほしいだけでしたから。

しかし、ユウが、今回のスナックのママ殺人事件に加担していたうえに、ユウの実の父親が、まさかの誘拐犯・神崎だったとは。。。

赤ちゃんのお父さんとされていた彰の気持ちを想うと、なんと言葉をかければよいか。。。

しかし、ユウの母親・彩花も、きっと辛かったでしょう。自分を脅迫した男でもある誘拐犯との子供なのに、それでも無事を信じてずっと探したのは、母親だからなのでしょうか。

この親子3人の、今後の人生がとても心配になりますね。。。

 

トレース〜科捜研の男〜第6話のまとめ

回を追うごとに、トレースの魅力に(というか、錦戸さんの魅力に?)ハマった人たちが増えてきましたね。

新章から次から次へと加速する展開に、果たして私たちはついていくことができるでしょうか。

2月11日放送予定の第7話も、ぜびお見逃しなくっ!!!

 

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください